V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
681
[開催日]
2017/02/26
[会場]
黒部市総合体育センター
[観客数]
1,000
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:03
[試合時間]
2:03
[主審]
三見 洋子
[副審]
黒地 忍

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 高橋 昂大
通算ポイント: 24
通算: 8勝13敗
2

ポイント
1
22 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
2
24 第2セット
【0:28】
26
25 第3セット
【0:22】
14
25 第4セット
【0:24】
20
11 第5セット
【0:14】
15

【 】内はセット時間

仙台ベルフィーユ

監督: 葛和 伸元
コーチ: 渡辺 将嵩
通算ポイント: 26
通算: 8勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 最終戦を勝つことができずに本当に残念です。10月にスタートし、今日まで本当に沢山の方々に応援いただきました。心からありがとうございますと伝えたいと思います。
 本当にありがとうございました。

22 佐々原
()
宮井
()
舛田
()
笹山
()
25
田代
()
佐々木
()
井上
()
渡邊(彩)
()
佐野
()
岡部
()
津賀
(堀崎)
中田
(雨堤)
塚本 (樋口) リベロ 高橋
24 佐々原
()
宮井
(山本)
舛田
()
笹山
(梅津)
26
田代
()
佐々木
()
井上
(雨堤)
渡邊(彩)
()
佐野
(中村)
岡部
(吉井)
津賀
(堀崎)
中田
()
塚本 (樋口) リベロ 高橋
25 佐々原
()
宮井
()
舛田
()
笹山
()
14
田代
()
佐々木
()
井上
()
渡邊(彩)
()
佐野
()
吉井
()
津賀
(堀崎)
中田
()
塚本 (樋口) リベロ 高橋
25 佐々原
()
宮井
()
舛田
()
笹山
()
20
田代
()
佐々木
()
井上
()
渡邊(彩)
()
佐野
()
吉井
()
津賀
(堀崎)
中田
(雨堤)
塚本 (樋口) リベロ 高橋
11 佐々原
()
宮井
()
舛田
()
笹山
(梅津)
15
田代
()
佐々木
()
井上
(雨堤)
渡邊(彩)
()
佐野
()
吉井
()
津賀
(堀崎)
中田
()
塚本 (樋口) リベロ 高橋

監督コメント

 2016/17シーズンの最終戦で3位から7位までが2ポイント差の混戦の中、1点でも多くポイントを取って上位に行きたいこの試合でしたが、何とかフルセットで勝利することができました。今シーズンはなかなか思うような結果を残すことができませんでしたが、来シーズンに向けてまた練習を重ねていきたいと思います。
 本日もたくさんの応援、本当にありがとうございました。

要約レポート

 お互い勝てばV・チャレンジリーグ入替戦が回避でき、チャレンジリーグⅠ残留が確定する最終戦。
 第1セット、序盤はお互いに硬さから連続でミスが出る。10-10から仙台ベルフィーユが津賀、渡邊の活躍で15-12と3点差をつけ、そのリードを保ちこのセットを先取した。
 第2セット、仙台が12-13から5連続得点し、このまま流れを掴むかに見えたが、JAぎふリオレーナも吉村、中村のスパイクなどで徐々に追い付き、このセットはデュースにもつれ込む。しかし、最後は仙台の渡邊、舛田がスパイクを決めセットを連取した。
 第3セット、JAぎふが序盤から佐々原のスパイクなどで得点を重ね、12-6とリードする。後半も20-14から吉井のスパイクなどで5連続得点し、JAぎふがセットを奪い返し、その勢いのまま第4セットも取り、勝負の行方は最終セットに移った。
 第5セット、終盤まで一進一退の展開となったが、渡邊、舛田のスパイクで突き放し、仙台がセットを取り最終戦を勝利で締めくくった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 新酒 直幸