V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
675
[開催日]
2017/02/19
[会場]
東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)サブアリーナ
[観客数]
300
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:18
[試合時間]
1:18
[主審]
前川 清隆
[副審]
川合 加織

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 52
通算: 18勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
21
25 第3セット
【0:25】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 25
通算: 8勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 チャレンジマッチを考えると試合を通して強くなることがチームとしての一つに課題です。今日は苦しい場面もありましたが、そういった中で勝ち切っていくことが私たちの最終的な目標につながると思います。残り2戦となりましたが、課題を明確にし、全力を出し切れるよう準備します。
今日も多くの応援本当にありがとうございました

25 丸山
(大室)
荒木
()
平谷
()

()
17
冨永
(三浦)
近藤
(南)
倉見
(菅野)
宮城
()
青柳
()
松本
()
和才
()
太田
()
山岸 リベロ 白崎
25 丸山
()
荒木
(カルデロンディアス)
平谷
()

()
21
冨永
()
近藤
()
倉見
(吉川)
宮城
()
青柳
(小笹)
松本
(大室)
和才
()
太田
(丸山)
山岸 リベロ 白崎
25 丸山
(大室)
荒木
(小笹)
倉見
(菅野)
平谷
()
23
冨永
()
近藤
()
丸山
()

(大盛)
青柳
(カルデロンディアス)
松本
()
和才
()
宮城
()
山岸 リベロ 白崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目は相手のサーブに崩され相手のペースになりましたが、2セット目中盤以降内容的には悪くなかったと思います。最終週はホームゲームとなりますので全員で勝利に向かって準備していきたいと思います。
本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

  優勝でV・チャレンジマッチに挑みたい上尾メディックスと、順位を一つでも上げたいKUROBEアクアフェアリーズの対戦。
 第1セットは、上尾の丸山が要所で移動攻撃を決め、松本も速攻で得点を重ねるなど、センター攻撃が機能した上尾が先取する。
 第2セット、上尾は青柳のサーブで相手レシーブを崩し、第1セットの勢いそのままに得点を重ねる。対するKUROBEは途中出場のキャプテン・丸山がサーブで3連続得点をあげるなど、反撃の兆しを見せるが、上尾のカルデロンディアスの攻撃を止められず、このセットも上尾が連取する。
 第3セット、上尾は近藤がアタック、ブロックと得点を重ね、序盤に大きくリードする。後がないKUROBEは和才が奮起し、ブロックアウトを狙ったスパイクを次々に決め、丸山も相手コートの奥を狙うスパイクで要所に得点して同点に追いつき、平谷もブロックアウトを決めて逆転に成功する。対する上尾はカルデロンディアスを投入してボールを集め、相手の好レシーブに苦しめられながらも逆転に成功すると、最後はカルデロンディアスが相手ブロックの上からスパイクを決め、勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山尾 未来