V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
674
[開催日]
2017/02/18
[会場]
東和薬品RACTABドーム(大阪府立門真スポーツセンター)サブアリーナ
[観客数]
600
[開始時間]
15:10
[終了時間]
16:26
[試合時間]
1:16
[主審]
前川 清隆
[副審]
岩井 好恵

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 25
通算: 8勝10敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:24】
16 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
18
25 第3セット
【0:23】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

柏エンゼルクロス

監督: 岩下 忠正
コーチ: 吉川 三博
通算ポイント: 8
通算: 2勝16敗

( )内は交代選手

監督コメント

 連敗し苦しい戦いが続いていたが、選手が良く頑張ってくれ勝利する事が出来た。
 残り3試合も本日のように元気よく、明るく、全員で戦っていきたいと思う。
 富山から沢山の方に応援に来ていただき、本当にうれしかったです。ありがとうございました。

25 太田
()
和才
()
高桑
()
石川
()
16
宮城
()
倉見
()
萩原
(黒木)
竹本
(田中)

(大盛)
平谷
()
清水
(鈴木)
小清水
()
白崎 リベロ 鶴ヶ崎
25 太田
()
和才
()
高桑
()
石川
()
18
宮城
(吉川)
倉見
(丸山)
萩原
()
竹本
()

(菅野)
平谷
()
清水
(針生)
小清水
()
白崎 リベロ 鶴ヶ崎
25 太田
()
和才
()
高桑
()
石川
()
20
宮城
()
倉見
(大盛)
萩原
()
竹本
(黒木)

()
平谷
(菅野)
針生
()
小清水
()
白崎 リベロ 鶴ヶ崎

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 攻めきれず、細かいプレーのミスから流れを掴めなかった。
 しっかりと気持ちを切り替え、明日の試合に臨む。
 応援、ありがとうございました。

要約レポート

 現在ポイント数で3位と差のないKUROBEアクアフェアリーズは、勝ち数を上げ最終週へとつなぎたい試合、柏エンゼルクロスは最下位を回避するには絶対負けられない試合。
 第1セットは、終始KUROBEムードで試合が進み、KUROBEが一気に先取する。
 第2セットは、逆に柏が高桑の攻撃で勢いのある試合を展開するが、KUROBEは平谷、太田、和才の攻撃で立て直しをはかると連取する。
 第3セットは、両チーム一進一退の攻防で14-14まで一歩も譲らない展開となる。しかし、KUROBEは宮城のフェイントでムードを作り、柏は石川のアタックで流れを切るも、KUROBEは太田のサービスが効果的に決まり連続ポイントを得ると、最後は太田がスパイクを決め勝利を決めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 村田 光直