V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
671
[開催日]
2017/02/12
[会場]
瑞浪市民体育館
[観客数]
531
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:45
[試合時間]
1:45
[主審]
増岡 三佳子
[副審]
新海 正和

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 22
通算: 7勝10敗
1

ポイント
0
25 第1セット
【0:22】
23 3

ポイント
3
19 第2セット
【0:22】
25
20 第3セット
【0:23】
25
23 第4セット
【0:29】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大野石油広島オイラーズ

監督: 豆田 憲昭
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 21
通算: 8勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 内容的には悪くなかったのですが大事な場面でのミスが多かった様に思います。残り試合が少なくなってきましたので、1試合1試合しっかりと戦っていきたいと思います。
 富山から沢山応援に来ていただきまして、ありがとうございました。

25 太田
()
和才
()
矢山
(吉里)
高本
(吉本)
23
宮城
(大盛)
倉見
(吉川)
佐藤
()
長谷川
(馬渡)

()
平谷
()
松本
()
北川
()
白崎 リベロ 藤田
19 太田
()
和才
()
矢山
(吉里)
高本
(吉本)
25
宮城
(丸山)
倉見
()
佐藤
()
長谷川
()

()
平谷
()
松本
()
北川
()
白崎 リベロ 藤田
20 太田
()
和才
(菅野)
矢山
(吉里)
高本
(吉本)
25
宮城
(丸山)
倉見
()
佐藤
()
長谷川
()

()
平谷
()
松本
()
北川
()
白崎 リベロ 藤田
23 太田
()
和才
()
矢山
()
高本
(吉本)
25
宮城
(吉川)
倉見
(菅野)
佐藤
()
長谷川
()

(大盛)
平谷
()
松本
()
北川
()
白崎 リベロ 藤田

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目から気の抜けないゲームとなったが、選手が集中して戦ってくれた。特に4セット目のリードされている展開から粘り強く戦えた。1週開けてのホームゲーム最終戦では地元のファンの前で、自分達らしいバレーを展開したい。
 本日は、ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 昨日ねばり強い試合で勝利した大野石油広島オイラーズと、何とか連敗脱出を図って波に乗りたいKUROBEアクアフェアリーズとの一戦。上位を伺うチーム同士の、熱い試合となった。
 1セット目、大野石油・松本とKUROBE・平谷の両ウイングスパイカーがスパイクを決め、点を取り合う。終盤まで一進一退の攻防が続くが、最後はKUROBE・太田がレフトから連続してスパイクを決めて、25-23でKUROBEが勝利する。
 2セット目、大野石油・高本がレフトから鋭いスパイクを決め、得点を重ねていく展開。粘るKUROBEを後半突き放して、大野石油の勝利。
 3セット目も、大野石油・高本がここぞというところで決めて、相手にリードを許さない。KUROBEも倉見のブロックや移動攻撃で追いあげるが、終始リードした大野石油が勝利した。
 4セット目は中盤、KUROBE・和才がセンターやライトから多彩な攻撃を決め、連続得点でリードする。しかし、大野石油は矢山のブロックや、松本の強烈なスパイクが決まり、逆転に成功。25-23で勝利して、大野石油がこのゲームを制した。
 たくさんの観衆が見守る中、随所に好プレーが出て会場は盛り上がり、両チームに温かい拍手が送られた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 広瀬 学