V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
667
[開催日]
2017/02/11
[会場]
瑞浪市民体育館
[観客数]
651
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:20
[試合時間]
1:20
[主審]
増岡 三佳子
[副審]
奥田 誠

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ: 武田 一星
通算ポイント: 22
通算: 7勝9敗
0

ポイント
0
18 第1セット
【0:23】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:26】
25
18 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ:
通算ポイント: 23
通算: 8勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 自分達のミスでリズムを悪くしてしまいました。明日も全力で頑張ります。応援宜しくお願いいたします。

18 宮城
()
太田
()
酢田
()
山形
()
25

()
菅野
()
斉藤
(佐藤)
岩永
()
平谷
()
倉見
()
川口
()
船津
()
和才 リベロ 中村
20 宮城
()
太田
()
山形
()
岩永
()
25

(レラ)
菅野
(丸山)
酢田
()
船津
()
平谷
(白崎)
倉見
(大盛)
斉藤
(佐藤)
川口
()
和才 リベロ 中村
18 宮城
(吉川)
太田
()
酢田
()
山形
()
25

(レラ)
丸山
(菅野)
斉藤
(佐藤)
岩永
()
平谷
()
倉見
(大盛)
川口
()
船津
()
和才 リベロ 中村

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 レシーブでねばることが出来たことは、良かったと思います。ゲームの中での自分達の甘さや反省すべき点を見つめなおし、明日の試合に向けて最善の準備をしたいと思います。
 今日は雪で足元の悪い中、応援に駆けつけて下さり、ありがとうございました。

要約レポート

 上位を狙う3位のKUROBEアクアフェアリーズと4位のフォレストリーヴズ熊本は、両チームとも3位以下の団子状態から一歩抜け出したいところ。試合前の予想通り、お互いに点を取り合う白熱した一戦となった。
 1セット目、熊本は船津と斉藤を中心に攻撃しリードする。粘るKUROBEは、エース平谷の高さのあるスパイクで点差を縮めるが、熊本の巧みなフェイントが決まり、25-18で熊本が先取。
 2セット目は、中盤まで1点を取り合う展開。しかし、セッター岩永の絶妙なトスで相手を翻弄、25-20で熊本の勝利。KUROBEは終盤のサーブミス2本が悔やまれた。
 3セット目も、熊本・斉藤のバックアタックやライトからの攻撃が効果的に決まり、ゲーム序盤から相手を突き放す。また、熊本のリベロ・中村やレシーバー・佐藤の堅い守備も光り、相手に思うように攻撃をさせず、25-18で熊本がストレートで勝利した。
 寒波が到来し雪の降る寒い中、好ラリーが続き、会場は大いに熱くなった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 広瀬 学