V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
662
[開催日]
2017/01/28
[会場]
仙台市青葉体育館
[観客数]
896
[開始時間]
15:00
[終了時間]
17:03
[試合時間]
2:03
[主審]
津嶋由香
[副審]
佐藤慎也

仙台ベルフィーユ

監督: 葛和 伸元
コーチ: 渡辺 将嵩
通算ポイント: 17
通算: 5勝11敗
2

ポイント
1
17 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
2
18 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:26】
21
25 第4セット
【0:25】
21
13 第5セット
【0:15】
15

【 】内はセット時間

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ: 川内 鈴香
通算ポイント: 20
通算: 7勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

今シーズン最後のホームゲームウィークで連勝したかったこの試合でしたが、1、2セット目は硬さが見られ、熊本さんの粘りで取られ、3、4セット目は何とかリズムを掴み取ることができましたが、5セット目にサーブミスなどからリズムに乗れず敗れてしまいました。
 気持ちを切り替えて、明日の大野石油さんとの試合に臨みたいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

17 中田
(堀崎)
津賀
()
酢田
()
山形
()
25
渡邊(彩)
()
井上
()
斉藤
(佐藤)
岩永
()
笹山
()
舛田
(荻野)
川口
()
船津
()
馬場 リベロ 中村
18 堀崎
()
津賀
()
山形
()
岩永
()
25
渡邊(彩)
()
井上
(雨堤)
酢田
()
船津
()
笹山
()
舛田
(中田)
斉藤
(佐藤)
川口
()
馬場 リベロ 中村
25 堀崎
()
津賀
()
酢田
()
山形
()
21
渡邊(彩)
()
井上
(宮田)
斉藤
(佐藤)
岩永
(山田)
笹山
()
舛田
(中田)
川口
()
船津
()
馬場 リベロ 中村
25 堀崎
()
津賀
(雨堤)
山形
()
岩永
(山田)
21
渡邊(彩)
()
宮田
()
酢田
()
船津
()
笹山
(梅津)
舛田
(中田)
斉藤
(佐藤)
川口
()
馬場 リベロ 中村
13 堀崎
()
津賀
(雨堤)
山形
()
岩永
()
15
渡邊(彩)
()
宮田
()
酢田
()
船津
()
笹山
(梅津)
中田
()
斉藤
(佐藤)
川口
()
馬場 リベロ 中村

監督コメント

 今日の競り合いを勝ち切ることができて良かったですが、反省点もたくさん残るゲーム内容でした。
 しっかりと反省をして明日の試合に向けて、チーム全員で気を引き締めて頑張りたいと思います。
 今日も遠いところまでたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 後半戦に入り上位進出のためには互いに負けられないホームの仙台ベルフィーユとフォレストリーヴズ熊本の一戦。
第1セット、硬さのみられる仙台から熊本は川口のスパイクなどで一気に波に乗り先取する。
第2セットに入っても熊本の勢いは衰えず、粘り強いレシーブから斉藤のブロックやセンター攻撃が決まり、そのまま連取する。
後のなくなった仙台は、第3セットになると思いっきりのよい攻撃が決まりだし、津賀や渡邊(彩)が次々とスパイクを決めこのセットを奪い取る。
第4セット、勢いに乗った仙台は津賀がライト攻撃やバックアタックを決め序盤でリードし、フルセットに持ち込む。
第5セットは、互いにスパイクを決めあう一進一退の好ラリーが続いたが、最後は熊本の山形が強打を決めて、ホームの大声援を受け粘る仙台を振り切り熊本が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 渡部隆一