V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
656
[開催日]
2017/01/21
[会場]
猫田記念体育館
[観客数]
650
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:07
[試合時間]
1:07
[主審]
橋本 賀津郎
[副審]
本間 明

大野石油広島オイラーズ

監督: 豆田 憲昭
コーチ:
通算ポイント: 14
通算: 5勝9敗
0

ポイント
0
18 第1セット
【0:19】
25 3

ポイント
3
14 第2セット
【0:19】
25
16 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 辻 健志
通算ポイント: 40
通算: 13勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 各セット、前半は自分たちのペースでバレーができたが、セットの中盤で崩れてしまった。
 明日はホーム2戦目で、第3レグの初戦でもあるので、負けられない試合が続きます。地元の声援を後押しに勝ち切りたい。
 本日はたくさんのご声援ありがとうございました。

18 北川
(吉里)
松本
()
工藤
()
田原
()
25
長谷川
()
佐藤
(藤田)
大竹
()
クリスティアネ
()
高本
()
矢山
()
石井
()
石田
()
吉本 リベロ 小口 (山田)
14 北川
(吉里)
松本
()
工藤
(坂本)
田原
()
25
長谷川
()
佐藤
(野上)
大竹
()
クリスティアネ
()
高本
(藤田)
矢山
()
石井
()
石田
(中川)
吉本 リベロ 小口 (山田)
16 北川
()
松本
()
坂本
()
田原
(森田)
25
長谷川
(馬渡)
佐藤
(吉里)
大竹
()
クリスティアネ
()
高本
(藤田)
矢山
()
石井
(堀江)
石田
(中川)
吉本 リベロ 小口 (山田)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 スタートから相手にうまく決められて思うようにブレイクできなかった。しかし、選手が対応してくれて、そこからはブロックとレシーブ、そしてオフェンスまで流れを作ることができた。
 まだ狙って点数を取るケースが少ないので、明日の試合は自分たちの持っている引き出しを精度高く試合でいけるように臨みたい。
 本日もたくさんの応援をありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、序盤からデンソーエアリービーズが石井の速攻、ブロックで3連続得点をあげてリードを奪った。大野石油広島オイラーズは、松本、北川のアタックなどで16-15と逆転した。しかし、その後デンソーは石田のアタックやクリスティアネのブロック、サービスエースで逆転して流れを取り戻し、そのままセットを先取した。
 第2セット、序盤はデンソーが石田のアタックでリードすると、大野石油は矢山の2連続サービスエースで一進一退の攻防となった。ここから、デンソーはセッター田原が多彩なトス回しで攻撃陣が機能して一気に突き放して、セットを連取した。
 第3セット、ホームゲームの応援を背に大野石油は序盤に松本が4連続アタックを決めた。しかし、デンソーはクリスティアネがアタック、ブロックを連続で決めて逆転したのをきっかけに徐々にリードを広げ、クリスティアネ、大竹の連続ブロックで得点を重ねると、最後は坂本がアタックを決めて、デンソーが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 横山 英典