V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
651
[開催日]
2017/01/15
[会場]
OKBぎふ清流アリーナ(岐阜アリーナ)
[観客数]
770
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:40
[試合時間]
1:40
[主審]
増岡 三佳子
[副審]
糟谷 武彦

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 辻 健志
通算ポイント: 37
通算: 12勝1敗
3

ポイント
3
23 第1セット
【0:25】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:19】
15
25 第3セット
【0:24】
16
25 第4セット
【0:23】
19
第5セット
【】

【 】内はセット時間

仙台ベルフィーユ

監督: 葛和 伸元
コーチ: 渡辺 将嵩
通算ポイント: 13
通算: 4勝9敗

( )内は交代選手

監督コメント

 1セット目はスタートから勢いに乗れず終わるまで、受け身でバレーをしてしまった。追いついていただけに逆転して取り切れなかったことが悔やまれる。
 2セット目以降はリズムを取り戻し、勝利することが出来たが、まだまだバレーが粗く、失点が多い。それぞれのプレーの精度を上げて来週の試合に臨みたい。
 本日も寒い中、沢山の応援ありがとうございました。

23 鍋谷
()
堀江
(森田)
舛田
(堀崎)
笹山
()
25
クリスティアネ
()
大竹
()
井上
()
渡邊(彩)
()
田原
(石井)
石田
()
津賀
()
中田
(雨堤)
小口 (山田) リベロ 高橋
25 鍋谷
(中川)
堀江
(石井)
舛田
(梅津)
笹山
()
15
クリスティアネ
()
大竹
()
井上
()
渡邊(彩)
()
田原
()
石田
()
津賀
()
中田
(雨堤)
小口 (山田) リベロ 高橋
25 鍋谷
(中川)
堀江
()
津賀
()
笹山
(松尾)
16
クリスティアネ
()
大竹
()
井上
()
渡邊(彩)
()
田原
()
石田
(工藤)
堀崎
()
中田
()
小口 (山田) リベロ 高橋
25 鍋谷
(中川)
堀江
()
舛田
(堀崎)
笹山
()
19
クリスティアネ
(石井)
大竹
()
井上
()
渡邊(彩)
()
田原
(森田)
工藤
()
津賀
()
中田
()
小口 (山田) リベロ 高橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 現在リーグ首位のデンソーさんを相手に何とか勝ちたいこの試合で、1セット目は苦しみながらも取ることが出来ましたが、2セット目以降は、相手の高さに負けてしまい、リズムをつかめず敗れてしまいました。
 仙台に戻り、気持ちを切り替えて来週の埼玉での試合に臨みたいと思います。
 本日も天候の悪い中、沢山の応援をいただき本当にありがとうございました。

要約レポート

 首位のデンソーエアリービーズと、1レグでの雪辱を果たしたい仙台ベルフィーユとの一戦。
 第1セット、仙台は津賀の速いライト攻撃でリズムをつかみ、リードしたまま2回目のテクニカルタイムアウトを迎える。デンソーは鍋谷のコースを突くスパイク、石田の緩急をつけた攻めで逆転する。仙台は渡邊(彩)のライト攻撃や中田のスパイクで終盤の流れをつかみ、このセットを取った。
 第2セット、デンソーは、守備を立て直すと、ラリーから両サイドへの速い攻撃を繰り出し確実に点を重ねてリードを広げ、セットを取り返した。
 第3セット、仙台はきびしいコースを突いたスパイクで攻めるが、デンソーは粘り強く守り攻撃に結びつける。クリスティアネのブロック、堀江のライトからのスパイク、工藤の思い切りのよいスパイクでセットを連取した。
 第4セット、仙台は津賀の渾身のスパイクを打ち込むが、デンソーの固い守りは崩れない。一方、デンソーは大竹を中心とした速い攻撃で、追いすがる仙台を振り切って勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 河井 和佳