V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
643
[開催日]
2017/01/08
[会場]
松任総合運動公園体育館
[観客数]
576
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:18
[試合時間]
1:18
[主審]
有乗 正志
[副審]
奥野 俊雄

デンソーエアリービーズ

監督: 山口 祐之
コーチ: 辻 健志
通算ポイント: 31
通算: 10勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
18 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:26】
19
25 第3セット
【0:25】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

上尾メディックス

監督: 吉田 敏明
コーチ: 箕輪 憲吾
通算ポイント: 29
通算: 10勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ゲームのスタートからサーブとディフェンスでうまく流れを掴むことができた。また、ディグが上がった後もスパイカー陣がしっかりと決めることができ、点数を取ることができた。途中から出る選手やベンチで声をかける選手、コートサイドから声をかける選手、全員の気持ちが出た試合だった。
 引き続き、細かな技術、連携を安定させて戦っていきたい。
 新しい年が始まりました。本年もエアリービーズにたくさんのご声援、よろしくお願い致します。

25 石田
()
石井
()
荒木
(小笹)
近藤
(三浦)
18
クリスティアネ
()
大竹
()
丸山
()
松本
(大室)
田原
(宮本)
工藤
()
冨永
()
カルデロンディアス
()
小口 (山田) リベロ 山岸
25 石田
()
石井
()
青柳
()
荒木
(小笹)
19
クリスティアネ
()
大竹
(堀江)
冨永
()
近藤
(三浦)
田原
(宮本)
工藤
(鍋谷)
カルデロンディアス
()
丸山
(大室)
小口 (山田) リベロ 山岸
25 石田
()
石井
()
青柳
()
小笹
(荒木)
18
クリスティアネ
()
大竹
(堀江)
冨永
()
三浦
(近藤)
田原
(宮本)
工藤
(鍋谷)
カルデロンディアス
()
丸山
(松本)
小口 (山田) リベロ 山岸

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合は今リーグの中で最も重要な試合と考えて準備をしてきましたが、非常に悔しい結果でした。完敗です。ただ、まだこの先もリーグ戦は続きますので、今日の試合内容だけでなく準備の過程を見直して今後に活かします。
 追われる立場から追う立場に変わりましたので、今日の悔しさを次の試合にぶつけていけるよう、しっかりと準備したいと思います。
 今日は寒い中、多くの熱い声援本当にありがとうございました。

要約レポート

 開幕以来10連勝29ポイントの首位上尾メディックスと、現在28ポイントで2位のデンソーエアリービーズの対戦。
 第1セット出だしから大竹の速攻、サービスエース、石田のスパイクで勢いづいたデンソーが4連続得点し、1度もリードを許さずにセットを先取する。
 第2セット、勢いそのままにデンソー工藤のスパイク、ブロックでリード。上尾はカルデロンディアスにボールを集め流れをつかもうとするが、デンソー・クリスティアネが要所でスパイクを決め、最後は変わって入ったデンソー堀江がサービスエースを決め、セットを連取する。
 第3セット、上尾は青柳のスパイク、サービスエースで中盤に追いつくが、デンソーは途中代わって入った鍋谷、堀江が共にサービスエースや好守でリードに貢献。最後はデンソー鍋谷のスパイクが決まり、ストレートで勝利を収め貴重な3ポイントを獲得し首位に立った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 波佐間 英之