V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
614
[開催日]
2016/11/06
[会場]
朝日町文化体育センター(サンリーナ)
[観客数]
1,070
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:15
[試合時間]
1:15
[主審]
紙井 ひとみ
[副審]
黒地 忍

KUROBEアクアフェアリーズ

監督: 米山 弘
コーチ:
通算ポイント: 9
通算: 3勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
22
25 第3セット
【0:24】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JAぎふリオレーナ

監督: 椿本 真恵
コーチ: 鈴木 智大
通算ポイント: 3
通算: 1勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日も沢山のご声援のおかげで選手達が思い切ったプレーをする事ができました。1人1人がしっかり考え、戦うことが出来たのではないかと思います。
 先はまだまだ長いので一戦一戦しっかりと勝ちにこだわって全員で戦っていきたいと思います。
 本当に沢山の応援ありがとうございました。

25 宮城
(吉川)
太田
()
岡部
()
佐野
()
19

()
菅野
(丸山)
佐々木
()
田代
()
平谷
()
倉見
()
今井
()
佐々原
()
和才 リベロ 塚本 (樋口)
25 宮城
()
太田
()
岡部
()
佐野
(山本)
22

(大盛)
菅野
(丸山)
佐々木
()
田代
()
平谷
()
倉見
()
今井
()
佐々原
()
和才 リベロ 塚本 (樋口)
25 宮城
()
太田
()
岡部
()
山本
()
23

(吉川)
菅野
(レラ)
佐々木
()
田代
()
平谷
()
倉見
(柏木)
今井
()
佐々原
()
和才 リベロ 塚本 (樋口)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 スタートからリズムがなく、攻めのバレーができていなかった為勝ちにつながらなかった。また、サーブも攻めていないので相手チームにいいように攻撃されました。また帰って練習をして次につなげたいと思います。
 応援ありがとうございました。 

要約レポート

 地元で連勝を伸ばしたいKUROBEアクアフェアリーズと、連敗から脱したいJAぎふリオレーナとの対戦。
 第1セット、KUROBEがブロックとレシーブの組織的なディフェンスでつないだボールを太田がレフトから決める形で、6-0と大きくリードする。一方、JAぎふは今井のライト攻撃で追い上げるが、KUROBEは粘り強いレシーブから宮城のブロード、平谷のレフト攻撃で流れを渡さず、このセットを先取した。
 第2セットも、第1セットの勢いそのままに出だしからKUROBEが9-2とリードする。そこから、JAぎふはリベロ塚本と樋口の好レシーブでつないだボールを、田代と佐々木の速攻、岡部のレフトからの攻撃でじわじわと追い上げ、17-17と追い着く。しかし、終盤KUROBE太田のスパイクが次々と決まり、2セットを連取する。
 第3セット、序盤から競り合う形でお互い点を取り合うが、中盤からKUROBEが宮城のブロードとブロックでじわじわと引き離し22-18とリードする。終盤JAぎふは岡部のブロックとレフトからのスパイクで追い上げるが、最後はKUROBE平谷のスパイクが決まり、ストレートでKUROBEが勝利し、3連勝で地元大会を終えた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 沖田 直久