V・チャレンジリーグⅠ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
607
[開催日]
2016/10/30
[会場]
JAぎふ アグリパーク鈴ヶ坂アリーナ
[観客数]
356
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:15
[試合時間]
2:15
[主審]
増岡 三佳子
[副審]
新海 正和

大野石油広島オイラーズ

監督: 豆田 憲昭
コーチ: 鈴木 輝
通算ポイント: 1
通算: 0勝2敗
2

ポイント
1
34 第1セット
【0:35】
32 3

ポイント
2
22 第2セット
【0:27】
25
18 第3セット
【0:24】
25
25 第4セット
【0:25】
19
11 第5セット
【0:12】
15

【 】内はセット時間

フォレストリーヴズ熊本

監督: 中島 裕二
コーチ:
通算ポイント: 2
通算: 1勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手の粘りに対して、自分達の粘りを出すことが出来たが大事な場面でミスが出た。
 来週に向けて、しっかり修正したい。
 本日もご声援ありがとうございました。

34 北川
(吉里)
松本
()
酢田
()
山形
()
32
馬渡
(矢山)
佐藤
()
斉藤
(佐藤)
岩永
(山田)
高本
()
正田
()
川口
()
船津
()
吉本 リベロ 中村
22 北川
(吉里)
松本
()
山形
()
岩永
()
25
馬渡
(矢山)
佐藤
()
酢田
()
船津
()
高本
()
正田
()
斉藤
()
川口
(佐藤)
吉本 リベロ 中村
18 北川
(吉里)
松本
()
酢田
()
山形
()
25
馬渡
()
佐藤
()
斉藤
()
岩永
()
高本
()
正田
()
川口
(佐藤)
船津
()
吉本 リベロ 中村
25 北川
(吉里)
松本
()
山形
()
岩永
(山田)
19
馬渡
()
佐藤
()
酢田
()
船津
()
高本
()
矢山
()
斉藤
(佐藤)
川口
()
吉本 リベロ 中村
11 北川
(吉里)
松本
()
酢田
()
山形
()
15
馬渡
()
佐藤
()
斉藤
(佐藤)
岩永
()
高本
()
矢山
()
川口
()
船津
()
吉本 リベロ 中村

監督コメント

 今日もたくさんの応援ありがとうございました。
 苦しい戦いでしたが勝利することが出来た事をチームの成長に活かし、来週も頑張っていきたいと思います。

要約レポート

 大野石油広島オイラーズとフォレストリーヴズ熊本、共に1勝目をあげたい開幕第2戦。
 第1セット、熊本はラリーから船津、酢田の両センターが積極的に移動攻撃をしかけ、得点を重ねる。大野石油は、高本、松本が熊本のブロックに苦しみながらも勝負どころで打ち抜き、34-32でもぎとった。
 第2セット、両チームともフェイントを入れ、守備を崩しにかかる。見応えのあるラリーが続き、終盤、熊本は船津、斉藤のスパイクで点差を広げ、セットを取り返した。
 第3セット、熊本の斉藤がブロック、スパイク、サーブと活躍し、リードしたまま終盤を迎える。大野石油は佐藤、松本らが応戦するも、熊本が、山形のレフトへの速いトスを打ち抜き、一気に突き放して連取した。
 第4セット、後がなくなった大野石油は矢山を投入。粘り強いブロックで熊本の攻撃をしのぎ、巧みなフェイントで守備を崩す。主将の高本が奮起し、次々とスパイクを決めて、セットカウント2-2とした。
 第5セット、一瞬たりとも目が離せない攻防の中、熊本が船津の3連続得点で大接戦をものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 河井 和佳