V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
844
[開催日]
2017/02/26
[会場]
西尾市総合体育館
[観客数]
450
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:09
[試合時間]
1:09
[主審]
佐伯 昌昭
[副審]
重岡 紀彦

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 38
通算: 13勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
17
25 第3セット
【0:20】
18
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 久保 雅
通算ポイント: 16
通算: 5勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

今日はリーグ最終戦ということで全員の気持ちが一つになり、ヴァルキューレのリズムで勝利することができました。
毎試合、多くの方々に応援いただいてリーグ優勝することができました。チームを代表して心から御礼申し上げます。
V・チャレンジリーグ入替戦も全員で頑張りますので応援よろしくお願いいたします。

25 佐藤(仁)
()
佐藤(優)
()
百瀬
()
高橋
()
22
権藤
()
松尾
()
重松
()
春日
()
杉山
()
浅野(美)
(廣田)
勝見
()
関口
()
浅野(愛) リベロ 平岩
25 佐藤(仁)
()
佐藤(優)
()
百瀬
()
高橋
(堀部)
17
権藤
(高岡)
松尾
(竹内)
村尾
()
秋満
()
杉山
()
浅野(美)
(梅木)
勝見
(三浦)
関口
(菊地)
浅野(愛) リベロ 平岩 (草野)
25 佐藤(仁)
(後藤)
佐藤(優)
()
百瀬
()
高橋
()
18
権藤
(高岡)
松尾
()
村尾
()
春日
()
杉山
()
浅野(美)
()
勝見
()
菊地
()
浅野(愛) リベロ 平岩 (草野)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

リーグ最終戦の対戦相手が優勝チームのトヨタ自動車ということで選手達には並々ならぬ決意があったと思います。
しかしゲームの内容はその気持ちとは裏腹に普段のGSSらしさに欠ける残念なプレーが目立ちました。
今シーズン、期待されながら5位という不甲斐ない結果に終わり、ファンの皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
優勝したトヨタ自動車には、V・チャレンジリーグⅡの代表としてV・チャレンジリーグ入替戦での健闘をお祈りします。
最後までご声援くださった皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございます。

要約レポート

V・チャレンジリーグ入替戦に向けて弾みをつけたいトヨタ自動車ヴァルキューレと、レギュラーラウンド最終戦を勝利で締めくくりたいGSS東京サンビームズとの一戦。
 第1セット、GSSは百瀬のブロックから相手のミスもあり、3連続得点を挙げるなど流れを作りかけたが、終盤トヨタ自動車は権藤のアタックをきっかけに21-21と追いつき、最後は杉山がアタックを決めてセットを先取した。GSSはタイムアウトを2回挟みながら流れを引き寄せようとしたがトヨタ自動車の勢いを止めることができなかった。
 第2セット、序盤からトヨタ自動車・佐藤(優)が得点を重ねると、中盤以降、杉山が2ブロックを含む3連続ポイントを奪い、その後もサーブ、繋ぎのレシーブと、活躍が光り勢いのついたままセットを連取する。GSSは第1セットからメンバーを代えて流れを変えようとしたが、トヨタ自動車を崩しきれなかった。
 第3セット、後がないGSSは勝見・高橋にボールを集めてリズムを作り、セッター村尾もコートの幅を広く使ったトス回しで相手を崩そうと攻めのバレーを展開すると、トヨタ自動車は各アタッカーがリズムよく得点を重ねて応戦する。終盤、トヨタ自動車・佐藤(優)がタイムアウトを挟み4連続得点を挙げて勝利し、V・チャレンジリーグ入替戦への弾みをつけた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 三角 希実