V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
838
[開催日]
2017/02/18
[会場]
浜北総合体育館
[観客数]
470
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:19
[試合時間]
1:19
[主審]
八木 珠希
[副審]
竹上 利幸

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ:
通算ポイント: 16
通算: 5勝9敗
0

ポイント
0
22 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
17 第2セット
【0:22】
25
21 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 22
通算: 7勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 プレステージの厳しいサーブでレシーブを崩され、連続失点する場面が多く、立て直せませんでした。3セットを通して集中力に欠ける場面が多くあり課題が残るゲームでした。
 次週のトヨタ自動車戦には今シーズンの口惜しい思いを全てぶつけて勝利したいと思います。
 本日も沢山のご声援を頂きありがとうございました。

22 関口
()
勝見
(三浦)
中田
(江川)
松尾
(佐藤(千))
25
春日
(重松)
村尾
(秋満)
戸田
()
佐藤(梨)
()
高橋
()
百瀬
()
佐藤(綾)
(田村)
浅川
()
平岩 リベロ (佐藤(円))
17 関口
()
勝見
()
中田
(江川)
松尾
()
25
春日
(重松)
村尾
(秋満)
戸田
(三澤)
佐藤(梨)
(柳沢)
高橋
(堀部)
百瀬
()
佐藤(綾)
()
浅川
()
平岩 (草野) リベロ (佐藤(円))
21 財前
(重松)
勝見
(三浦)
中田
()
松尾
(佐藤(千))
25
春日
()
村尾
()
戸田
(三澤)
佐藤(梨)
()
高橋
()
百瀬
()
佐藤(綾)
()
浅川
()
平岩 (草野) リベロ (佐藤(円))

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 立上り固さがあり、なかなか自チームのペースにもっていけなかったが、サーブをきっかけに徐々にアランマーレバレーが出始めた。試合巧者のGSSであったが、今日は終始アランマーレのペースで試合ができた。あと2試合、良い結果につながるよう最後まで頑張ります。
 明日もご声援よろしくお願致します。

要約レポート

 現在4位のプレステージ・インターナショナルアランマーレと5位のGSS東京サンビームズの試合は、第1セット序盤、GSSが平岩の好レシーブ、高橋のスパイクでリード、プレステージも佐藤(綾)のスパイク、佐藤(梨)、戸田のサービスエースなどで逆転、GSSも終盤粘って追い上げるがプレステージが第1セットを先取する。
 第2セット、プレステージ佐藤(綾)のスパイク、サービスエースなどでリードする。GSSも高橋、春日のスパイクなどで追い上げるが、終盤プレステージが浅川の連続サービスエースなどで逃げ切り連取する。
 第3セットは序盤からお互いよく繋ぎ1点を取合う攻防となったが、GSSが春日のスパイクなどで抜け出す。プレステージも松尾の効果的なサーブや佐藤(綾)、浅川のスパイクで逆転。GSSも春日、高橋のスパイクで追い上げるが最後はプレステージ佐藤(千)のブロックが決まり勝利、勝ち点を22に伸ばした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 井上 克彦