V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
836
[開催日]
2017/02/12
[会場]
江戸川スポーツセンター
[観客数]
550
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:01
[試合時間]
2:01
[主審]
饗庭 和恵
[副審]
江藤 幸恵

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 遠藤 孔太
通算ポイント: 23
通算: 8勝5敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:26】
23 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:21】
16
20 第3セット
【0:24】
25
20 第4セット
【0:23】
25
15 第5セット
【0:15】
12

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 19
通算: 6勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のゲームはスタートから気迫あるプレーが前面に出た非常に良い内容であったが、3セット目以降、受け身になってしまい、消極的なプレーやミスが目立った内容となってしまった。勝利こそしたものの、課題も多く見つかったゲームとなった。リーグも残り3試合、悔いの残らないゲームができるよう、精一杯頑張りたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25 寺坂
()
鈴木
(齋藤)
中田
(江川)
松尾
(田村)
23
柿沼
()
田中
(三好)
戸田
()
佐藤(梨)
()
須崎
(鬼頭)
栗田
()
佐藤(綾)
()
浅川
(三澤)
谷内 リベロ (佐藤(円))
25 鈴木
(齋藤)
田中
()
中田
(江川)
松尾
(田村)
16
寺坂
()
栗田
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
柿沼
()
鬼頭
()
佐藤(綾)
()
浅川
()
谷内 リベロ (佐藤(円))
20 寺坂
()
鈴木
(齋藤)
中田
(江川)
松尾
()
25
柿沼
()
田中
(三好)
戸田
()
佐藤(梨)
()
鬼頭
()
栗田
()
佐藤(綾)
()
浅川
()
谷内 リベロ (佐藤(円))
20 鈴木
(齋藤)
田中
()
中田
(江川)
松尾
()
25
寺坂
()
栗田
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
柿沼
()
鬼頭
(須崎)
佐藤(綾)
()
浅川
()
谷内 リベロ (佐藤(円))
15 鈴木
()
田中
(三好)
中田
(江川)
松尾
(柳沢)
12
寺坂
()
栗田
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
柿沼
()
須崎
(齋藤)
佐藤(綾)
()
浅川
()
谷内 リベロ (佐藤(円))

監督コメント

 最後まで攻め込めたが、あと1点が取れなかった。2セット連取されながらも、持ち味であるサーブが効果的に決まり、フルセットまでいったが、前半のリードが最後まで尾を引いた。
 2日間、多くのご声援ありがとうございました。あと3試合、アランマーレのバレーを最後まで展開していきます。

要約レポート

 群馬銀行グリーンウィングスとプレステージ・インターナショナルアランマーレ、今シーズンの対戦成績は1勝1敗で、どちらも負けられない試合となった。
 第1セット、立ち上がりから群馬銀行の鈴木が、ブロック、アタックと連続してポイントを重ねる。しかし、プレステージは、松尾のトスワークを中心に的を絞らせない攻撃でアタックを決め、どちらも譲らない攻防戦となる。群馬銀行の須崎が行きかけた流れを2度とも停めると、第1セットを先取する。
 第2セット、プレステージは、序盤戸田のブロックとアタックで引き離しにかかるも、群馬銀行の寺坂のアタックで追いつくと、柿沼、田中のアタックが火を噴く。終盤プレステージの佐藤(綾)が連続サーブポイントを取るも時すでに遅く、リードを許したまま、群馬銀行がセットを連取する。
 第3セット、序盤群馬銀行のミスにつけこみ、プレステージの佐藤(綾)のアタックが爆発する。群馬銀行も柿沼、鬼頭を中心にポイントするも、序盤の差は詰められずプレステージがこのセットをもぎ取る。
 第4セット、立ち上がりミスの続く群馬銀行は、なかなか流れが掴めない。一方プレステージは松尾のサーブでポイントすると、チームも勢いに乗り、戸田、佐藤(梨)のアタックも決まり、このセットを取りフルセットに持ち込む。
 第5セット、序盤から一進一退の攻防となるが、群馬銀行の柿沼、田中のアタックが要所を締める。プレステージも戸田、佐藤(綾)を中心に応戦するが、最後は群馬銀行の寺坂がアタックを決め、フルセットの試合を勝ち取った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鈴木 幸代