V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
835
[開催日]
2017/02/11
[会場]
江戸川スポーツセンター
[観客数]
710
[開始時間]
15:40
[終了時間]
16:56
[試合時間]
1:16
[主審]
早坂 行博
[副審]
有村 公美子

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 久保 雅
通算ポイント: 13
通算: 4勝8敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:26】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:19】
15
25 第3セット
【0:25】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 遠藤 孔太
通算ポイント: 21
通算: 7勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日のゲームはなにより選手全員が気力に溢れていました。サーブで攻めてブロックで対応する形が作れたので、相手チームに流れを渡すことなくゲームを作ることができました。ホームゲームで多くの方々の大声援を背中に感じ、選手にとってはなによりの後押しになったと思います。
 明日のゲームもGSSらしく全員バレーで勝利をつかみたいと思います。

25 関口
()
勝見
(三浦)
三好
(土屋)
栗田
()
21
春日
()
村尾
()
鈴木
(鬼頭)
須崎
(齋藤)
高橋
()
百瀬
()
寺坂
()
柿沼
()
平岩 リベロ 谷内
25 関口
()
勝見
()
栗田
()
須崎
(齋藤)
15
春日
()
村尾
()
土屋
(三好)
柿沼
()
高橋
()
百瀬
()
鈴木
(鬼頭)
寺坂
()
平岩 リベロ 谷内
25 関口
(堀部)
勝見
()
三好
(土屋)
栗田
()
20
春日
()
村尾
()
鬼頭
()
須崎
(齋藤)
高橋
()
百瀬
(重松)
寺坂
()
柿沼
()
平岩 (草野) リベロ 谷内

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日は、出足から消極的なプレーとミスが目立ち、一方的に相手に押し切られるゲームとなってしまった。2連戦の3週目ということもあってか、動きに精彩がなく、非常に後味の悪い内容となってしまった。泣いても笑っても残り3試合、全力で戦っていきたい。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームゲームを勝利で飾りたいGSS東京サンビームズに対し、先週首位のトヨタ自動車ヴァルキューレに勝ち、波に乗る群馬銀行グリーンウイングスの試合。
 第1セット、好調な滑り出しを見せたのはGSSであった。GSSの司令塔村尾は、高橋、春日を起用し群馬銀行を攻めた。しかし、群馬銀行も鋭いサーブでGSSを崩し、中盤には追いつき、1点を争う展開になった。群馬銀行の司令塔栗田は、寺坂、柿沼を駆使しGSSを翻弄した。試合は終盤までもつれ込んだ。しかし、GSS百瀬のブロック、アタックが決まり、このセットを奪った。
 第2セット、序盤からシーソーゲームとなり、どちらもリードを許さなかった。しかし、中盤抜け出したのはGSSであった。安定したレシーブから多彩な攻撃を仕掛け、群馬銀行を苦しめた。リズムを掴んだGSSはその後リードを広げ、最後はGSSの関口が鋭いアタックを決め、このセットを手に入れた。
 第3セット、何としても死守したい群馬銀行は好調な滑り出しを見せた。しかし、GSSも中盤に入ると群馬銀行に追いつき、追い越し主導権を握った。終盤に入りGSSは、春日、高橋、勝見、百瀬と攻撃の幅を広げ、追いすがる群馬銀行を振り切り、ホームゲームを勝利で飾ることが出来た。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 等