V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
834
[開催日]
2017/02/11
[会場]
江戸川スポーツセンター
[観客数]
630
[開始時間]
13:35
[終了時間]
14:44
[試合時間]
1:09
[主審]
水間 絵美
[副審]
平泉 淳

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 31
通算: 11勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:20】
19 0

ポイント
0
27 第2セット
【0:25】
25
25 第3セット
【0:18】
15
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

大阪スーペリアーズ

監督: 廣田 卓三
コーチ: 平上 帆澄
通算ポイント: 1
通算: 0勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、サーブとブロックが良く、相手の攻めをおさえることができた。しかし、コンビミスもあり、残り3試合、打の修正をし、ヴァルキューレの強い攻をする。
 多くの方々の応援ありがとうございました。

25 佐藤(仁)
(後藤)
佐藤(優)
()
坂根
()
松島
()
19
権藤
()
松尾
()
木幡
()

()
杉山
()
梅木
()
山本
()
矢口
()
大橋 リベロ 姫野
27 佐藤(仁)
(廣田)
佐藤(優)
()
坂根
()
松島
()
25
権藤
(竹内)
松尾
(高岡)
木幡
()

()
杉山
()
梅木
()
山本
()
矢口
(不破)
大橋 リベロ 姫野
25 佐藤(仁)
()
佐藤(優)
()
坂根
()
松島
()
15
権藤
()
松尾
()
木幡
()

()
杉山
()
梅木
(廣田)
山本
()
不破
()
大橋 リベロ 姫野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日初めての東京大会にお招きいただきまして誠にありがとうございました。 また、大阪から沢山の方々が応援にきていただき感謝です。
 3レグに入り、残り数試合ではございますが、大阪スーペリアーズらしい試合を最後まで展開していきたく、これからも応援の程よろしくお願い申し上げます。ありがとうございました。

要約レポート

 首位を走るトヨタ自動車ヴァルキューレと、先週のリベンジをはたしリーグ初勝利をあげたい大阪スーペリアーズの一戦。
 第1セット立ち上がり、両者譲らない攻防戦となるが、トヨタ自動車は、佐藤(優)と佐藤(仁)のスパイクが連続して決まると引き離しにかかる。一方大阪は、原と姫野が粘りのレシーブを見せるが、ポイントにはつながらず、トヨタ自動車がセットを先取する。
 第2セット、大阪は序盤リードを許すも、中盤松島のサーブポイントで追いつくと、一進一退の攻防となる。終盤、変わって入った不破のアタックが爆発し、連続して決め、デュースにもつれ込む。しかし、トヨタ自動車は、大橋のレシーブを中心に全員で粘り、要所を権藤にボールを集めてポイントを上げると、最後もその権藤がアタックを決め、セットを連取する。
 第3セット、トヨタ自動車は、セッター松尾のトスワークがさえ、権藤、梅木を中心にアタックがよく決まった。大阪は、坂根のブロックや山本のアタックで、流れを戻そうとするが、トヨタ自動車の勢いをとめられず、トヨタ自動車が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鈴木 幸代