V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
832
[開催日]
2017/02/05
[会場]
ヤマト市民体育館前橋
[観客数]
813
[開始時間]
14:40
[終了時間]
15:59
[試合時間]
1:19
[主審]
慈眼 雅啓
[副審]
脇坂 克伸

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 遠藤 孔太
通算ポイント: 21
通算: 7勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
15
30 第3セット
【0:31】
28
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 28
通算: 10勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 本日のゲームは第1セットからサーブによる効果で優位な試合展開をつくることができた。また、ライトの寺坂とレフトの柿沼が安定した形でポイントを取り、ディフェンスも理想的な形で相手の攻撃を抑えることができた。まさに理想のゲームをつくることができた。すべての選手ががんばったことはもちろんだが、その中でも内定選手の田中の活躍なくして今日の勝利はあり得なかったと思う。今日の試合から最終Legに突入し、各チームとは最後の戦いとなる。すべてにおいて悔いの残らない試合をしていきたい。本日もたくさんの応援を本当にありがとうございました。

25 柿沼
()
寺坂
()
浅野(美)
(梅木)
杉山
()
20
須崎
(鬼頭)
鈴木
(齋藤)
松尾
()
権藤
()
栗田
()
田中
()
佐藤(優)
()
佐藤(仁)
(廣田)
谷内 リベロ 大橋
25 寺坂
()
鈴木
()
梅木
()
杉山
()
15
柿沼
()
田中
(齋藤)
松尾
(廣田)
権藤
(竹内)
須崎
(鬼頭)
栗田
()
佐藤(優)
()
佐藤(仁)
()
谷内 リベロ 大橋
30 柿沼
()
寺坂
()
梅木
()
杉山
()
28
須崎
(三好)
鈴木
(鬼頭)
松尾
()
権藤
()
栗田
()
田中
(齋藤)
佐藤(優)
()
佐藤(仁)
(廣田)
谷内 リベロ 大橋

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の試合はサーブが弱くなり、相手チームのうまい攻めで押されてしまい、チームのリズムがつかめず負けとなってしまった。残り4試合強い攻撃ができるよう修正し、全員で全力で戦います。本日も多くの方々の応援ありがとうございました。

要約レポート

 全勝中の首位トヨタ自動車ヴァルキューレ対地元で連勝を狙う群馬銀行グリーンウィングスの戦いはセットカウント3-0で群馬銀行の勝利で幕を閉じた。
 第1セットの序盤は群馬銀行が6連続得点。流れをつかんだ群馬銀行はその後も、セッター栗田の巧みなトスワークから寺坂、柿沼を中心に得点を重ね先取。
 第2セット、序盤は一進一退の攻防が続くが、中盤トヨタ自動車・佐藤(優)、杉山の攻撃に対して群馬銀行のブロックと粘りのあるレシーブで応戦しリードを奪い、そのまま逃げ切る。
 第3セット、後がないトヨタ自動車は首位の意地を見せ、群馬銀行・柿沼の力強いスパイクに対し、佐藤(優)の粘りのあるレシーブで応戦するも、最後は地元応援団の大声援を受け、群馬銀行・柿沼がスパイクを決め勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 黒崎 直徒