V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
821
[開催日]
2017/01/21
[会場]
箕面市総合体育館 (第一総合運動場)
[観客数]
350
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:11
[試合時間]
2:11
[主審]
沢田 元
[副審]
川合 加織

トヨタ自動車ヴァルキューレ

監督: 加藤 信也
コーチ: 金子 健一郎
通算ポイント: 20
通算: 7勝0敗
3

ポイント
2
25 第1セット
【0:24】
22 2

ポイント
1
21 第2セット
【0:24】
25
23 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:22】
20
20 第5セット
【0:24】
18

【 】内はセット時間

プレステージ・インターナショナルアランマーレ

監督: 北原 勉
コーチ: 小林 準
通算ポイント: 12
通算: 4勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 4連勝と絶好調のプレステージで強いサーブと両サイドのパワーあるアタックに対応するため準備していた。
しかし、なかなか思うようにリズムに乗れず、フルセットの大接戦であったが、最後は体力戦を制し勝利する事ができた。
 この1勝は後半に向けて大きなはずみのつく1勝となった。
 多くの方の応援、ありがとうございました。

25 佐藤(仁)
(廣田)
佐藤(優)
()
中田
(江川)
松尾
()
22
権藤
()
松尾
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
杉山
()
浅野(美)
()
佐藤(綾)
()
浅川
()
大橋 (浅野(愛)) リベロ (佐藤(円))
21 佐藤(仁)
(廣田)
佐藤(優)
()
中田
(江川)
松尾
(佐藤(千))
25
権藤
()
松尾
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
杉山
()
浅野(美)
(梅木)
佐藤(綾)
()
浅川
(三澤)
大橋 (浅野(愛)) リベロ (佐藤(円))
23 佐藤(仁)
(廣田)
佐藤(優)
()
中田
(江川)
松尾
(佐藤(千))
25
権藤
()
松尾
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
杉山
()
浅野(美)
()
佐藤(綾)
()
浅川
()
大橋 (浅野(愛)) リベロ (佐藤(円))
25 佐藤(仁)
(廣田)
佐藤(優)
()
中田
(江川)
松尾
(佐藤(千))
20
権藤
()
松尾
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
杉山
()
浅野(美)
(梅木)
佐藤(綾)
()
浅川
(三澤)
大橋 (浅野(愛)) リベロ (佐藤(円))
20 佐藤(仁)
()
佐藤(優)
()
中田
(江川)
松尾
()
18
権藤
()
松尾
()
戸田
()
佐藤(梨)
()
杉山
()
浅野(美)
(梅木)
佐藤(綾)
()
浅川
(三澤)
大橋 (浅野(愛)) リベロ (佐藤(円))

監督コメント

 相手の攻撃に対して、くらいついていき最後まで粘り通したがあと一点、一つのプレーを勝ち取ることが出来なかった。とてもくやしい。
この気持ちを明日にぶつけたい。本日も、多くのご声援を頂きありがとうございました。

要約レポート

 トヨタ自動車ヴァルキューレとプレステージ・インターナショナルアランマーレの一戦は、フルセットにもつれる接戦となった。
 トヨタ自動車は、佐藤(優)を中心に、杉山、権藤のスパイクも要所で決まり、第1、第4セットを取った。
 プレステージは、セッターの松尾が佐藤(綾)のバックアタックや佐藤(梨)の移動攻撃を絡めた多彩な攻撃で、第2、第3セットを取った。
 セットカウント2-2で迎えた第5セット、どちらも粘り強いレシーブから驚異的な繋ぎを見せ、会場からは大きな歓声が起こった。
 トヨタ自動車は佐藤(優)がブロックアウトを狙ったスパイクを決めれば、プレステージ(PI)は戸田のブロックで応戦し、両者譲らない白熱した展開となった。終盤、プレステージ(PI)は佐藤(綾)にボールを集めライトからの強烈なスパイクで得点を重ね、13-9からデュースにまで持ち込んだ。しかし、トヨタ自動車は梅木のセンター攻撃や権藤のライト攻撃など要所で的を絞らせない攻撃を展開し、浅野(美)がブロックを決め、このセットをものにし勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山尾 未来