V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
817
[開催日]
2017/01/14
[会場]
酒田市国体体育館
[観客数]
330
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:19
[試合時間]
1:19
[主審]
桑原 健輔
[副審]
斎藤 隆介

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 村尾 葉津樹
通算ポイント: 6
通算: 2勝5敗
0

ポイント
0
22 第1セット
【0:27】
25 3

ポイント
3
13 第2セット
【0:21】
25
24 第3セット
【0:25】
26
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

群馬銀行グリーンウイングス

監督: 石原 昭久
コーチ: 遠藤 孔太
通算ポイント: 9
通算: 3勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 年が明けて最初のゲームを勝利して連敗を止めたかったのですが、最後まで動きが固く、終始群馬銀行のリズムでバレーを展開されてしまいました。
 もう一度、基本に立ちかえりチームを構築したいと思います。
 悪天候の中、また遠方からご声援を下さった皆様大変ありがとうございました。

22 勝見
(三浦)
春日
(松浦)
三好
()
栗田
()
25
百瀬
()
関口
()
鈴木
(齋藤)
須崎
(鬼頭)
重松
(緑川)
山下
()
寺坂
()
柿沼
()
平岩 リベロ 谷内
13 勝見
()
春日
(松浦)
栗田
()
須崎
()
25
百瀬
()
関口
(財前)
三好
()
柿沼
()
重松
(緑川)
山下
()
鈴木
(齋藤)
寺坂
()
平岩 リベロ 谷内
24 高橋
()
春日
()
三好
()
栗田
()
26
百瀬
()
財前
(重松)
鈴木
(齋藤)
須崎
(鬼頭)
松浦
()
山下
(三浦)
寺坂
()
柿沼
()
(柴田) リベロ 谷内

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 本日のゲームは、昨年の12月以降約1カ月の間を空けてのゲームだったため、試合感覚に不安を抱いてのスタートであった。サーブが前半からよく走り、常に優位性の高い状況でゲームを展開することができた。1セット目なかなか調子が出なかった鈴木、寺坂も2セット目以降エンジンがかかり、苦しい状況はありつつも、ストレートで勝利することができた。このゲームからいよいよ最終ゲームまで連戦が続く。今日のスタートで勢いにのり、今後も優勝目指して頑張りたい。本日は雪の中、たくさんの応援者の方々にお越しいただき誠にありがとうございました。

要約レポート

 どちらも勝利して順位を上げたい現在リーグ戦4位の群馬銀行グリーンウイングスと、5位GSSサンビームズの一戦。
 第1セット、一進一退の攻防を展開するが、GSSはスパイクミスが重なりリズムを崩す。一方群馬銀行は須﨑のスパイクや寺坂のサーブでリズムをつかみ序盤からリードを広げる。GSSは山下のスパイクで追い上げるも、群馬銀行がこのセットを奪った。
 第2セットも群馬銀行は、鈴木、寺坂のスパイクでリズムをつかみ序盤からリードを広げる。GSSは山下、春日のスパイクで追い上げるが群馬銀行セッター栗田の巧みなトスワークでこのセットを奪った。
 第3セット目、中盤まで競りあうがこの試合初めてGSSがリードをする。群馬銀行のミスもあり、デュースまでもつれ込む接戦となったが、最後は群馬銀行・三好のブロックでこのセットもものにした。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 出嶋 幸