V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
814
[開催日]
2016/12/10
[会場]
引佐総合体育館
[観客数]
700
[開始時間]
15:10
[終了時間]
17:05
[試合時間]
1:55
[主審]
柘植 知則
[副審]
片井 伴浩

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 相田 好美
通算ポイント: 11
通算: 4勝1敗
3

ポイント
2
19 第1セット
【0:25】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:18】
15
25 第3セット
【0:21】
17
23 第4セット
【0:25】
25
15 第5セット
【0:14】
10

【 】内はセット時間

大阪スーペリアーズ

監督: 廣田 卓三
コーチ: 山本 一樹
通算ポイント: 1
通算: 0勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 どちらが勝ってもおかしくない試合でした。自分たちがやりたい攻撃をするためには前衛のプレイヤーたちのさらなるハードワークが必要となります。もう一度修正して明日のゲームに臨みたいと思います。
 今回初めて引佐でホームゲームを開催させていただきました。また、遠路多勢の皆様に足をお運びいただき熱い声援を送っていただきました。
 大変ありがとうございました。また明日もよろしくお願いいたします。

19 柴小屋
()
小野
()
平岡
()
平上
()
25
菅井
(山内)
加藤
(山本)
木幡
()

()
多田
()
菅原
()
山本
()
坂根
()
徳田 リベロ 姫野
25 柴小屋
()
小野
()
平岡
()
平上
()
15
山本
(山内)
加藤
(菅井)
木幡
()

()
多田
()
菅原
()
山本
()
坂根
()
徳田 リベロ 姫野
25 小野
()
加藤
()
平岡
()
平上
()
17
柴小屋
()
菅原
()
木幡
()

(小林)
山本
(菅井)
多田
()
山本
()
坂根
()
徳田 リベロ 姫野
23 小野
()
加藤
()
平岡
()
平上
()
25
柴小屋
()
菅原
()
木幡
()

(小林)
菅井
(山本)
多田
()
山本
()
坂根
()
徳田 リベロ 姫野
15 小野
()
加藤
()
平岡
()
平上
()
10
柴小屋
()
菅原
()
木幡
()

(小林)
山本
()
多田
()
山本
()
坂根
()
徳田 リベロ 姫野

監督コメント

 遠方よりたくさんのご来場ありがとうございました。久しぶりにブレス浜松と対戦させて頂きました。
 第1セットは硬さもない大阪スーペリアーズらしいゲームをすることができました。
 第2、3セットはブレス浜松の上手さに完敗でした。
 第4セットは運よく勝たせて頂きました。
 何とかフルセットまで持ち込みましたが、また修正をかけて出直したいと思います。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 現在2位のブレス浜松とV・チャレンジリーグII初勝利を狙う大阪スーペリアーズの対戦は第1セット序盤、平岡のサーブでリズムに乗り7点を連取した大阪が終始リードを保ち、先取する。
 ホームの大声援を背に負けられない浜松は、セッターを山本に代えると速いトス回しで本来のコンビバレーを取り戻し、柴小屋、菅原のセンター攻撃が機能して第2、第3セットを連取する。
 続く第4セットも序盤は浜松がリードするが、大阪はセッターを原に代えるとバックアタックを絡めた幅のある攻撃で一気に逆転し、セットカウントを2-2とする。
 第5セット浜松は内定選手の加藤が要所でアタックを決めるなど終始リードし、苦しみながらも粘る大阪を振り切り、第1レグ最終戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 木本 恭嗣