V・チャレンジリーグⅡ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
807
[開催日]
2016/11/20
[会場]
酒田市国体体育館
[観客数]
520
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:56
[試合時間]
1:56
[主審]
桑原 健輔
[副審]
斎藤 隆介

ブレス浜松

監督: 藤原 道生
コーチ: 相田 好美
通算ポイント: 9
通算: 3勝0敗
3

ポイント
3
27 第1セット
【0:28】
25 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:24】
20
22 第3セット
【0:30】
25
25 第4セット
【0:25】
21
第5セット
【】

【 】内はセット時間

GSS東京サンビームズ

監督: 笛木 彰
コーチ: 村尾 葉津樹
通算ポイント: 6
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合では最初からコンビバレーを展開しようと決意して臨みましたが、GSSの対応力によってやりたい事の半分もできませんでした。
 終盤はこちらに幸運な展開が続き何とか勝たせていただきましたが、浜松に帰ってから問題点を整理・克服し、次の試合に向かいたいと思います。
 今日は遠路はるばる多くの方が応援にかけつけてくださいました。熱い声援をおくっていただき本当にありがとうございました。

27 山内
(山本)
菅原
()
山下
(松浦)
丸田
()
25
小野
(田中)
多田
()
関口
()
百瀬
()
柴小屋
()
菅井
()
秋満
(草野)
高橋
(三浦)
徳田 リベロ 平岩
25 小野
()
山内
(山本)
山下
(三浦)
丸田
(松浦)
20
柴小屋
()
菅原
()
関口
()
百瀬
(草野)
菅井
()
多田
()
秋満
(縄田)
高橋
()
徳田 リベロ 平岩 (柴田)
22 山内
(山本)
菅原
()
山下
(三浦)
松浦
()
25
小野
(澁谷)
多田
(田中)
関口
()
百瀬
(重松)
柴小屋
()
菅井
()
秋満
(縄田)
高橋
()
徳田 リベロ 平岩
25 小野
(澁谷)
山内
(山本)
山下
()
松浦
()
21
柴小屋
()
菅原
()
関口
(重松)
百瀬
()
菅井
()
多田
()
縄田
(草野)
高橋
(三浦)
徳田 リベロ 平岩

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 くやしい結果となりましたが、選手の持てる力は出せたと思います。
 やはり昨日と同様にサーブレシーブが思い通りにセッターに返らず、相手チームに連続失点を喫するケースが多くありました。
 今日の敗戦をきちんと受入れ次の試合に生かしていきたいと思います。
 二日間にわたりご声援下さった皆さま大変ありがとうございました。

要約レポート

 今シーズン負けなしのブレス浜松とGSS東京サンビームズはお互いに3連勝をかけ、一進一退の試合を展開したが、好守に勝る浜松が3-1でGSSに勝利し3勝目をあげた。
 第1セット、浜松のリードでゲームが進むが、GSSは山下のスパイクで逆転、秋満のスパイクでリードした。しかし、浜松は終盤小野のスパイクで再逆転し、このセットを取った。
 第2セットも浜松は菅原のセンター攻撃でリードを広げ、粘るGSSを振り切った。
 第3セットはGSS高橋のスパイク、縄田のライト攻撃などで逃げ切った。
 第4セット、GSSのリードでスタートしたが、浜松は多田のスパイクで逆転、菅井のサーブが冴え、小野の活躍で追いすがるGSSの攻撃をしのいでこのセットをものにした。GSSは山下のレフトからの攻撃で粘ったが一歩及ばなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 出嶋 幸