V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
775
[開催日]
2017/02/19
[会場]
立川市泉市民体育館
[観客数]
125
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:12
[試合時間]
1:12
[主審]
杉村 友雄
[副審]
江藤 幸恵

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 49
通算: 17勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
21 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
20
25 第3セット
【0:22】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ:
通算ポイント: 1
通算: 0勝19敗

( )内は交代選手

監督コメント

 チーム状態として良くはないが、来週の2戦で「きんでん」らしをさ出せるように入替戦に向けて個人個人で調整が必要である。
 一人一人の良さを出し、組織として点数をとれるバレーを目指したいと思います。
 本日も応援ありがとうございました。

25 田畑
()
毛利
()
石原
()
松本
()
21
黒木
(尾松)

(内園)
大楽
(宇野)
持冨
(橋本)
松本
(山本)
森田
()
内藤
()
岩阪
(伊藤)
大賀 リベロ 小関
25 黒木
(尾松)
岡本
()
石原
(伊藤)
松本
()
20
松本
(山本)
毛利
()
大楽
(橋本)
持冨
(宇野)
森田
()

(内園)
内藤
()
岩阪
()
大賀 リベロ 小関
25 新谷
()
毛利
()
石原
()
松本
(橋本)
22
黒木
(尾松)

(内園)
大楽
(宇野)
持冨
()
松本
(山本)
岡本
()
内藤
()
岩阪
(伊藤)
大賀 リベロ 小関

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日と同様に小さなミスが連続失点となってしまい、セットを取ることができなかった。全体的には良い展開を作る事ができているものの長続きする事がない為に相手に楽にバレーをさせてしまったと思います。
 次週が最終になりますので、何とか良い結果が出る様にもう1度頑張ります。
 最後まで応援ありがとうございました。

要約レポート

 何としても地元で勝利を飾りたい東京トヨペットグリーンスパークルに対し、現在トップ争いの真っ最中のきんでんトリニティーブリッツの試合。
 第1セット、序盤リズムのいい東京トヨペットがリードを奪ったが、中盤に流れを掴んだきんでんが逆転に成功した。しかし、東京トヨペットの司令塔持冨は、内藤、大楽を使い終盤追いついた。きんでんの田畑が要所でブロックを決め、最後はきんでんの松本の豪快なアタックが決まりこのセットを手に入れた。
 第2セット、序盤シーソーゲームでどちらもリードを奪えなかったが、きんでんの岡本の強烈なサーブが決まり、また黒木のセンターからのクイックが決まるなどして中盤主導権を握った。その後もリードを守り、このセットも手に入れることが出来た。
 第3セット、何としても死守したい東京トヨペットは序盤から猛攻に出る。またきんでんは新谷を投入し、果敢に攻める。試合は終盤1点を追う白熱した展開になる。しかし、最後はきんでんの新谷のサービスエースで追いすがる東京トヨペットを突き放し、勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 等