V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
763
[開催日]
2017/02/11
[会場]
須坂市市民体育館
[観客数]
180
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:49
[試合時間]
1:49
[主審]
北原 良太
[副審]
林 康彦

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 18
通算: 5勝12敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
16 1

ポイント
0
20 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:23】
19
29 第4セット
【0:30】
27
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ:
通算ポイント: 1
通算: 0勝17敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨年も長野で最後に痛い目にあっているのと、東京トヨペットも調子を上げて来られていたので、今季一番気持ちを引き締めた一戦であった。
 最後の粘りが我々NBKの持ち味であります。残りの一戦一戦、必死の思いで戦い抜きます。
 本日も応援ありがとうございました。

25
()
野口
()
石原
()
松本
(宇野)
16
河田
()
岩田
(上)
大楽
()
持冨
(槌尾)
石渡
(古牧)
久堀
()
西片
()
岩阪
(伊藤)
小寺 リベロ 小関
20
()
野口
()
石原
()
橋本
(松本)
25
河田
()
岩田
(上)
大楽
()
持冨
()
石渡
(下町)
久堀
(海野)
西片
()
岩阪
(伊藤)
小寺 リベロ 小関
25
()
野口
()
石原
()
橋本
(松本)
19
河田
()

()
大楽
()
持冨
(宇野)
石渡
(古牧)
久堀
(海野)
西片
()
岩阪
(伊藤)
小寺 リベロ 小関
29
()
野口
()
石原
()
橋本
(松本)
27
河田
()

(岩田)
大楽
(宇野)
持冨
()
石渡
(下町)
久堀
(海野)
西片
()
岩阪
(伊藤)
小寺 リベロ 小関

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 あと1点が遠い試合が続いてしまいました。
4セット目も優位に進めながら、簡単に相手に得点を与えてしまっては、勝つ事が出来ません。
 残り4試合しかありませんが、もう一度メンタル面から見直して次週の試合に臨みたいと思います。
 寒い中、最後まで応援ありがとうございました。

要約レポート

 勝ち星を上げていきたい奈良NBKドリーマーズと、何としても勝利が欲しい東京トヨペットグリーンスパークルとの一戦。
第1セット、立ち上がり奈良が5連続得点で流れを掴む。東京トヨペットもキャプテン西片のスパイクで反撃するも流れは変わらず、25-16で奈良が先取。
第2セット、徐々に動きが良くなってきた東京トヨペットが中盤以降粘り強い守りから、ラリー中にクイックをうまく使いペースを掴むと、そのまま押し切ってセットを対とする。
第3セット、序盤は一進一退であったが第2セット終盤から入った奈良・上のサーブから流れを掴み、連続得点で抜け出しセットカウント2-1とする。
第4セット、勝利に執念を燃やす東京トヨペットは第2セットの勢いを取り戻し、終始リードしてゲームを展開する。しかし奈良は15-19の劣勢から石渡の連続サービスエースなどで一気に逆転をする。しかし、東京トヨペットも再逆転し粘りを見せるが、最後は奈良が接戦を制し29-27で勝利。セットカウント3対1で勝ち切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 鏡味 照明