V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
760
[開催日]
2017/02/05
[会場]
稲城市総合体育
[観客数]
80
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:11
[試合時間]
1:11
[主審]
関野 智史
[副審]
有村 公美子

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ:
通算ポイント: 33
通算: 12勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:19】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
22
25 第3セット
【0:25】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

長野GaRons

監督: 北沢 健
コーチ: 山崎 幸一郎
通算ポイント: 19
通算: 7勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ゲーム前半は上手にゲームを組み立てられていたが、中盤から相手の粘りで苦戦を強いられた。しかし、川口、米澤(寛)、小林(空)の同級生トリオの活躍でゲームを取ることが出来た。
 最終レグに良い形で入れたので、最後まで維持していきたい。
 本日も声援ありがとうございました。

25 米澤(寛)
()
川口
()
渡邉
(青木)
春日
()
17
那須野
(山本(慎))
中川
()
清水
()
藤井
()
谷口
()
小林(空)
(小林(洸))
松橋
()
高野
()
瀧元 リベロ 夏目
25 米澤(寛)
()
川口
()
渡邉
(神頭)
春日
(土倉)
22
那須野
()
中川
()
清水
()
藤井
()
谷口
()
小林(空)
()
松橋
()
高野
(青木)
瀧元 リベロ 夏目 (浅岡(真))
25 米澤(寛)
()
川口
(山本(慎))
渡邉
(神頭)
土倉
()
21
庄司
()
那須野
(小林(洸))
清水
()
藤井
()
谷口
(中川)
小林(空)
()
松橋
()
高野
(青木)
瀧元 リベロ (浅岡(真))

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 3レグの初戦、白星スタートで飾りたかったが相手の高さに対応できなかった。
 途中出場したセッター土倉、リベロ浅岡(真)の活躍もあったが、もう一度自分達のプレーを見直し、来週のホームゲームでは勝利を収められる様に修正したい。2日間、応援ありがとうございました。

要約レポート

 現在3位4位を争っている近畿クラブスフィーダ対長野GaRonsの戦い。
 1セット目、主導権を握ったのは近畿クラブであった。近畿クラブの司令塔谷口は、小林(空)、川口を使い、長野GaRonsを翻弄した。それに対し長野GaRons司令塔の春日は、松橋、清水で応戦した。しかし波に乗る近畿クラブは、その後もリードを広げこのセットを奪った。
 2セット目、リズムを掴んだ近畿クラブはその後もリードを奪い、主導権を握った。それに対し長野GaRonsは、司令塔を土倉に代え応戦した。長野GaRonsの渡邉、高野のセンターからの豪快なアタックも決まり追いつくかに見えたが、最後は近畿クラブの米澤がセンターからボールを押し込みこのセットを奪った。
 3セット目、長野GaRonsはスタートから司令塔に土倉を起用した。試合は序盤から中盤にかけて1点を争う、シーソーゲームとなった。しかし、終盤近畿クラブ那須野のブロックで流れが変り、リードを奪った。追いすがる長野GaRonsを突き放し、近畿クラブは勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 等