V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
759
[開催日]
2017/02/05
[会場]
稲城市総合体育
[観客数]
103
[開始時間]
11:00
[終了時間]
12:18
[試合時間]
1:18
[主審]
勝又 禎蔵
[副審]
仲 博史

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 41
通算: 14勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
23 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
18
25 第3セット
【0:22】
19
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 15
通算: 4勝12敗

( )内は交代選手

監督コメント

 切り替えしからのコンビが合わず、点が取れない中でも我慢のバレーが出来たと思います。1つ1つのプレーについて精度を高め、組織バレーで来週は戦えるように準備したいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25
(尾松)
森田
()
久堀
(海野)
石渡
()
23
毛利
()
松本
()
岩田
(上)
河田
()
田畑
(内園)
黒木
(新谷)
野口
()

()
長濱 リベロ 小寺
25
(尾松)
森田
()
久堀
()
石渡
(下町)
18
毛利
(今田)
松本
()
岩田
(上)
河田
()
田畑
()
黒木
()
野口
()

()
長濱 リベロ 小寺
25 森田
()
松本
(山本)
久堀
(海野)
石渡
()
19

()
黒木
(和治)

()
河田
(古牧)
今田
()
田畑
(新谷)
野口
()

()
長濱 (大賀) リベロ 小寺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨日同様リードするもそこから逆転を許す展開となってしまいました。きんでんのジャンプサーブに苦しめられてしまったのが敗因です。この反省点を活かし、次の試合に向けてもう一度ネジを巻き直します。
 東京にもかかわらず、連日多くの皆様に会場に駆けつけて頂き感謝しております。ありがとうございました。

要約レポート

 この試合、先にリードを奪ったのは奈良NBKドリーマーズであった。しかし、1セット目中盤からきんでんトリニティーブリッツの司令塔毛利のトスワークで森田、松本を使い、追い上げる。終盤1点を追う好ゲームとなるが、最後に塩の好サーブで奈良は崩され、このセットをきんでんが奪った。
 2セット目、やはり先にリードを奪ったのは奈良であった。奈良の司令塔河田は野口、久堀等を使いきんでんと戦った。しかし中盤きんでんは奈良に追いつき、シーソーゲームとなった。終盤、きんでんの森田、尾松の好サーブで、奈良を崩しこのセットも手に入れた。
 3セット目、何としても死守したい奈良は、野口を中心に上、石渡と総力戦で臨んだ。それに対しきんでんはセッターを今田に代えこのセットを戦った。試合は序盤からきんでんがリードを奪い主導権を握った。リズムを掴んだきんでんは、リードを広げ、最後は山本が豪快なスパイクを決め、勝利を手に入れた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 柴田 等