V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
758
[開催日]
2017/02/04
[会場]
稲城市総合体育
[観客数]
230
[開始時間]
15:40
[終了時間]
16:54
[試合時間]
1:14
[主審]
杉村 友雄
[副審]
川久保 敬規

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ:
通算ポイント: 30
通算: 11勝4敗
3

ポイント
3
30 第1セット
【0:27】
28 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:19】
14
25 第3セット
【0:22】
21
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ:
通算ポイント: 1
通算: 0勝15敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は1セット目の混戦を制する事が出来たのが大きかった。自慢のブロックが機能しなくて苦しい展開だったが、それを上まわれる力強い攻撃力がすくってくれた。3セット目にブロックも少し出るようになり明日へとつながりそうです。
 本日もご声援、ありがとうございました。

30 米澤(寛)
()
本多
(那須野)
橋本
()
持冨
(伊藤)
28
河戸
(小林(洸))
中川
(谷口)
石原
()
岩阪
()
山本(慎)
()
小林(空)
()
大楽
(大貫)
西片
(槌尾)
瀧元 リベロ 松本
25 米澤(寛)
()
川口
()
持冨
()
岩阪
()
14
庄司
()
中川
()
橋本
()
西片
(伊藤)
山本(慎)
()
小林(空)
()
石原
(槌尾)
大楽
()
瀧元 リベロ 松本
25 米澤(寛)
(小林(洸))
川口
()
橋本
()
持冨
()
21
那須野
()
中川
()
石原
()
岩阪
()
谷口
()
小林(空)
()
大楽
()
西片
(槌尾)
瀧元 リベロ 松本

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 1セット目はとても良い展開で試合を進められたが、最後の1点が遠くセットを取ることが出来ず、そのまま最後まで淡々と進んでしまった。良いイメージをしっかり持ち戦える様に明日また頑張ります。
 最後まで応援ありがとうございました。

要約レポート

 V・チャレンジマッチ出場のため勝利したい近畿クラブスフィーダと、ホームゲームで勝利したい東京トヨペットグリーンスパークルの一戦。
 第1セット、両チーム波に乗るきっかけをつかめずに、一進一退でゲームは進む。中盤、近畿クラブは小林(空)のサーブでリードするが、東京トヨペットも岩阪のアタック、大楽のサーブで崩し、追いつく。デュースとなったこのセット、近畿クラブが本多のアタック、河戸のブロックで先取する。
 第2セット、近畿クラブは米澤(寛)のサーブで相手を崩しリードを奪う。東京トヨペットは伊藤をコートに送り流れを変えようと試みるが点差は縮まらない。近畿クラブは瀧元を中心に粘り強くレシーブをあげ得点につなぎセットを連取する。
 第3セットも、近畿クラブはリードする。那須野、小林(空)がアタック、ブロックを決めリードをひろげる。東京トヨペットも、大楽、岩阪、石原、セッター持冨もスパイクを決めて粘るが、近畿クラブは要所で小林(空)がアタックを決めてストレート勝利をあげた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 高澤 佳江