V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
750
[開催日]
2017/01/28
[会場]
和歌山県立体育館
[観客数]
200
[開始時間]
15:10
[終了時間]
16:26
[試合時間]
1:16
[主審]
岡田 崇
[副審]
藤木 博文

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ: 森田 亜貴斗
通算ポイント: 24
通算: 9勝4敗
0

ポイント
0
20 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
18 第2セット
【0:23】
25
25 第3セット
【0:25】
27
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 32
通算: 11勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手のサーブに苦しめられ、試合の組み立てができないままに終わった。
 最後に意地を見せてくれたのが、少しのすくいであった。
 ホームゲームとしては良いところを見せられなかったが、明日は良い戦いを見せたい。
 ご声援、ありがとうございました。

20 米澤(寛)
()
本多
(中田)
森田
()
松本
()
25
河戸
(山本(映))
上出
()

(山本)
黒木
(尾松)
梶野
(小林(空))

()
毛利
()
田畑
(内園)
大原 リベロ 長濱
18 米澤(寛)
()
本多
(中田)

(山本)
森田
()
25
河戸
(石田)
庄司
(南)
毛利
()
松本
()
梶野
(勝)
小林(空)
()
田畑
(内園)
黒木
(尾松)
大原 (桑原) リベロ 長濱
25 米澤(寛)
()
本多
(梶野)
森田
()
松本
()
27
庄司
()
河戸
(山本(映))

()
黒木
(尾松)
中田
(小林(空))

()
毛利
(小野)
新谷
()
大原 (桑原) リベロ 長濱 (大賀)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週からの調子を維持する事が出来、試合を通じて「きんでん」のバレーの力を出し切れたが、連続失点の場面があり課題も残った試合であった。
 明日は東京ヴェルディ戦。前回負けているので、今回は全員で頑張りチャレンジする。
 本日もたくさんの応援、ありがとうございました。

要約レポート

 きんでんトリニティーブリッツ対近畿クラブスフィーダの一戦は、両チーム共に負けられない試合となった。
 第1セット、序盤から一進一退の攻防が続くが、きんでんは塩が3連続ブロックでリードを奪う。近畿クラブも米澤(寛)のブロックで追い上げを見せるが、きんでんは内園のサービスエースで突き放し先取した。
 第2セットは、第1セットの勢いのまま、きんでんが森田のサーブやバックアタックでリードを奪うも、近畿クラブは米澤(寛)の安定したサーブレシーブを起点にコンビを展開する。きんでんは森田のブロックをきっかけに松本、田畑のアタックが決まり連取する。
 第3セット、流れを作りたい近畿クラブは、本多の打点の高いアタックを中心に攻撃を展開する。きんでんは新谷のアタックが要所で決まると、近畿クラブも粘りを見せるが、最後はきんでんの速い攻撃に対応することができず、きんでんが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 外川 広興