V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
747
[開催日]
2017/01/28
[会場]
猪名川町文化体育館(イナホール)
[観客数]
200
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:17
[試合時間]
1:17
[主審]
長堂 篤史
[副審]
木村 圭介

千葉ゼルバ

監督: 篠村 朋樹
コーチ:
通算ポイント: 12
通算: 3勝9敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:22】
25 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:24】
25
22 第3セット
【0:25】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 12
通算: 3勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ミドルブロックが調子よく、前半はよく決定したが、サーブレシーブが乱れて、攻撃が単調になってしまった。
 また奈良のエース野口選手をおさえ切れず得点を許してしまった事が残念。残る試合を頑張ります。

21 藤原
()
篠田
()
久堀
()
石渡
()
25
吉岡
()
荒木
()
岩田
()
河田
()
市川
()
中野
()
野口
()

()
冷水 リベロ 小寺
21 藤原
()
篠田
()
久堀
(海野)
石渡
()
25
吉岡
(松元)
荒木
()
岩田
(下町)
河田
()
市川
()
中野
()
野口
()

()
冷水 リベロ 小寺
22 藤原
()
篠田
()
久堀
(海野)
石渡
()
25
吉岡
(松元)
荒木
()
岩田
(下町)
河田
()
市川
()
中野
()
野口
()

()
冷水 リベロ 小寺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 先週のホームゲームの惜しい敗戦から切り替えて、もう一度リーグが始まった頃の緊張感、感謝などの初心に立ち戻ろうと話をしました。
 リベロの小寺、石渡の守りを中心に、エースの野口もいつもの調子を取り戻してくれました。
 これからもチーム一丸となって戦いますので皆様、応援宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。

要約レポート

 奈良NBKドリーマーズと千葉ゼルバの一戦は、奈良が1レグの雪辱を果たし3-0で勝利した。
 第1セット、千葉は中野、藤原のブロック、篠田のスパイクで5-1と好調なスタートを切った。奈良はすかさずタイムアウトを取ると、野口のバックアタック、久堀の速攻や碩のサービスエースで流れを取り戻した。その後は一進一退の攻防となったが19-19から奈良は野口のスパイクで流れをつかみこのセットを先取した。
 第2セット、10-11から千葉は市川の活躍で4連続得点し逆転したが、奈良は久堀の速攻、河田の2本のサービスエース、久堀のフェイントで7連続得点を挙げ再逆転すると、最後は碩のスパイクが決まり、このセットも奈良が連取した。
 第3セット、千葉は篠田のスパイク、吉岡のサービスエース、中野の速攻で11-8と序盤リードしたが、奈良は野口のスパイクやセッター河田の攻撃で16-12と逆転した。
 千葉は市川のスパイク、藤原のコート前方に落ちるサービスエース、中野の速攻で追いすがり、藤原のブロックで21-22と1点差にまで追い上げたが、奈良は岩田のブロック、碩のバックアタック、河田のフェイントが決まり粘る千葉を振り切った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 赤井 倫大