V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
742
[開催日]
2017/01/21
[会場]
奈良市西部生涯スポーツセンター
[観客数]
180
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:41
[試合時間]
1:41
[主審]
上土谷 政高
[副審]
宇都宮 弘和

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ: 丹下 雅行
通算ポイント: 9
通算: 2勝9敗
1

ポイント
0
17 第1セット
【0:20】
25 3

ポイント
3
25 第2セット
【0:22】
19
17 第3セット
【0:24】
25
22 第4セット
【0:26】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

長野GaRons

監督: 篠崎 寛
コーチ: 山崎 幸一郎
通算ポイント: 16
通算: 6勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 地元奈良での2回目のホームゲーム。色々な人々の尽力で開催できました。
 その恩返しをしたいと臨みましたが、相手の粘りが我々を上回ったと思います。
 厳しい戦いは続きますが、明日もこの悔しさをバネにできるようにしたいと思います。
 応援ありがとうございました。

17 久堀
(小寺)
野口
()
渡邉
(神頭)
春日
(土倉)
25
河田
()

()
清水
()
藤井
()

()
渡邊
(下町)
松橋
()
高野
()
石渡 リベロ 夏目
25 野口
(小寺)

()
渡邉
(青木)
土倉
(濱田)
19
久堀
(海野)
渡邊
()
清水
()
藤井
()
河田
()

()
松橋
(春日)
高野
()
石渡 リベロ 夏目 (浅岡(真))
17 久堀
(海野)
野口
()
渡邉
(青木)
土倉
(春日)
25
河田
()

(岩田)
清水
()
藤井
()

()
渡邊
(下町)
松橋
()
高野
(神頭)
石渡 リベロ 夏目
22 久堀
(小寺)
野口
()
渡邉
(青木)
土倉
(春日)
25
河田
()
岩田
(古牧)
清水
()
藤井
()

()
下町
()
松橋
()
高野
(神頭)
石渡 リベロ 夏目 (浅岡(真))

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 序盤、シーソーゲームの展開と交代で入ったセッターの土倉がよいリズムで試合の流れをつかむことができた。
 第2セット以降は奈良NBKの守備と多彩な攻撃に苦戦したが、若い選手を中心に声を出して走り続け、勢いを保ち、押し切る事ができました。
 明日も引き続き頑張ります。本日は応援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームの奈良NBKドリーマーズと長野GaRonsの一戦。
 第1セットの序盤、奈良NBKは上のスパイク、渡邊のサーブポイントで連続得点をあげる。中盤、長野は藤井のスパイクなどで逆転し、土倉のサーブポイント、渡邉、松橋の連続スパイクなどで第1セットは長野が取る。
 第2セット、奈良NBKは第1セット同様、上のスパイクに加え野口、碩のスパイクポイントでリードを広げる。長野は藤井のスパイク、ブロック、松橋のスパイクで反撃するが、奈良NBKは粘りのあるレシーブからの野口、上のスパイクとブロックで第2セットを取り返す。
 第3セット、奈良NBKは久堀のクイック、碩のレシーブからの野口のスパイクで追い上げるが、上の負傷で流れが長野に傾く。長野は清水、松橋のスパイク、高野のブロックポイントで第3セットを取り返す。
 第4セット、奈良NBKは久堀のブロック、スパイクで得点するが、長野の高野、藤井、清水のスパイクで得点を重ねていく。奈良NBKは野口、下町、久堀のスパイクなどで追い上げるが、最後は長野が藤井のスパイク、サーブで崩し、第4セットを取り、長野が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 梶田 数美