V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
740
[開催日]
2017/01/21
[会場]
JFE体育館
[観客数]
300
[開始時間]
15:00
[終了時間]
16:38
[試合時間]
1:38
[主審]
早坂行博
[副審]
藤原信一

千葉ゼルバ

監督:
コーチ: 岡田 勇司
通算ポイント: 12
通算: 3勝7敗
1

ポイント
0
21 第1セット
【0:21】
25 3

ポイント
3
20 第2セット
【0:22】
25
25 第3セット
【0:23】
19
16 第4セット
【0:23】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京ヴェルディ

監督: 瀧澤 利一
コーチ:
通算ポイント: 30
通算: 10勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 強い東京ヴェルディ相手に良い試合はできたのだが、繋ぎの部分で崩れてしまった。
 噛み合ったセットは取ることができたので、そこを維持できるよう明日も頑張りたいと思います。

 (キャプテン:吉岡佳徳)

21 市川
()
藤原
()
田尻
()
飯塚
()
25
吉岡
(関根)
浅野
()
倉田
()
三浦
()
中野
(齋藤)
大井手
()
長澤
(清水)
中村
()
冷水 リベロ 浅岡 (早瀬)
20 藤原
(関根)
浅野
()
田尻
()
飯塚
(宮田)
25
市川
()
大井手
()
倉田
()
三浦
()
吉岡
()
中野
(齋藤)
長澤
(清水)
中村
()
冷水 リベロ 浅岡 (早瀬)
25 市川
()
藤原
(齋藤)
田尻
()
飯塚
(清水)
19
吉岡
()
浅野
()
倉田
()
三浦
()
中野
(関根)
大井手
()
長澤
()
中村
()
冷水 リベロ 浅岡 (早瀬)
16 藤原
(関根)
浅野
()
田尻
(奥田)
飯塚
()
25
市川
()
大井手
()
倉田
()
三浦
(宮田)
吉岡
()
中野
(齋藤)
長澤
(清水)
中村
(與崎)
冷水 リベロ 浅岡 (早瀬)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 出だしは悪い雰囲気でしたが、サーブで流れを変え、第1、2セットを取ることができた。
 第3セットは、サーブが弱くなり、相手の攻撃に対応できず落としてしまったが、第4セットは気持ちを切り替え勝つことができました。
 応援していただきましたサポーター、ファンの皆様ありがとうございました。

要約レポート

 ホームで白星をあげたい千葉ゼルバと首位の東京ヴェルディの一戦。
 第1セット、両チームともサイドからの攻撃が決まり、接戦のまま進む。終盤、東京ヴェルディは中村が鮮やかなスパイクを次々と決め、セットを先取した。
 第2セット、巻き返しを図りたい千葉は浅野のブロックとスパイクで4連続得点と波に乗るも、東京ヴェルディの飯塚の高いブロックに阻まれ、シーソゲームで試合が進む。終盤、東京ヴェルディは、倉田のサービスエースで勢い付きセットを連取した。
 第3セット、千葉は序盤、藤原のブロックで東京ヴェルディの高い攻撃を抑えリードする。千葉は小柄ながらもジャンプ力に優れた市川の多彩な攻撃が光り、セットを奪い返す。
 第4セット、千葉は攻撃の要である浅野にトスを集め、リベロの冷水を中心に粘りを見せる。しかし、東京ヴェルディがサイドやバックから多彩な攻撃を決め、このセットを奪い勝利した。東京ヴェルディは首位を堅持した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 油谷 仁美