V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
739
[開催日]
2017/01/21
[会場]
JFE体育館
[観客数]
150
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:08
[試合時間]
1:08
[主審]
小笠原孝文
[副審]
赤鳥健太郎

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 26
通算: 9勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
19 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
20
25 第3セット
【0:20】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

東京トヨペットグリーンスパークル

監督: 松枝 寿明
コーチ:
通算ポイント: 0
通算: 0勝11敗

( )内は交代選手

監督コメント

第1、2セットは、リズムをつかむことができなかった。原因は自チームのブロックシステムが機能しなかったためです。コートの中で連携の声が出るようになり、少しずつこちらのバレーができました。
 明日は今日よりももっと内容のあるバレーを目指します。本日も応援ありがとうございました。

25
()
田畑
()
松本
(伊藤)
持冨
()
19
毛利
()
松本
()
石原
()
岩阪
()
森田
()
黒木
(尾松)
大楽
()
西片
(橋本)
長濱 リベロ 小関
25 和治
()
田畑
()
持冨
()
岩阪
()
20
小野
()
松本
()
松本
(伊藤)
西片
(橋本)
新谷
()
黒木
()
石原
(槌尾)
大楽
()
(大賀) リベロ 小関
25 和治
(塩)
新谷
()
松本
(伊藤)
持冨
(大貫)
16
小野
()
松本
(尾松)
石原
(槌尾)
岩阪
()
岡本
()
黒木
(内園)
大楽
()
橋本
()
(大賀) リベロ 小関

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

中盤までは型が作れているものの、どのセットも相手が16点を超えると自分達で崩れてしまいました。
明日も試合がありますので修正していきたいと思います。最後まで応援ありがとうございました。

要約レポート

現在、2位で首位を追いかける、きんでんトリニティーブリッツと初勝利を飾りたい東京トヨペットグリーンスパークルの戦い。
 序盤、きんでんはサーブで相手を崩し、自分たちのリズムでゲームを進めることに成功する。東京トヨペットも西片、松本のスパイクが決まるものの、きんでんはサーブが効果的に決まり、リズムを保ったまま先取する。
 第2セットになると、お互いのサーブレシーブが安定し、一進一退の攻防となる。中盤、きんでんは黒木、松本のブロックが炸裂。小野のトス回しもスピードを増し、早いコンビバレーを展開したきんでんがこのセットも連取する。
 勢いに乗ったきんでんは、サーブ、ブロック、スパイクで相手を圧倒する。東京トヨペットも粘りを見せるが、きんでんの早いコンビバレーに対応しきれず、ストレートできんでんが勝利を飾る。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 池畑 翔