V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
737
[開催日]
2017/01/15
[会場]
刈谷市総合体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
156
[開始時間]
11:00
[終了時間]
13:02
[試合時間]
2:02
[主審]
重岡 紀彦
[副審]
黒田 伸浩

兵庫デルフィーノ

監督: 岩本 正吾
コーチ: 白川 雅貴
通算ポイント: 12
通算: 4勝5敗
3

ポイント
2
24 第1セット
【0:26】
26 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:24】
19
23 第3セット
【0:25】
25
25 第4セット
【0:22】
17
15 第5セット
【0:13】
11

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督: 篠村 朋樹
コーチ: 上田 日登
通算ポイント: 12
通算: 3勝6敗

( )内は交代選手

監督コメント

昨日に続きハードなゲームだった。
千葉ゼルバの効果的なサーブに悩まされたが、勝てて良かった。
修正すべき点は多くあるが、今後も全員で戦いたい。
愛知大会の2日間、ご声援を頂きありがとうございました。

24 奥長
(國近)
太田
(井上)
藤原
(関根)
荒木
()
26
納庄
()
田中
()
大町
()
市川
()
今村
(白川(佑))
吉田
()
浅野
()
中野
(齋藤)
山本 リベロ 冷水
25 田中
()
國近
(野里)
藤原
()
荒木
(吉岡)
19
井上
()
白川(佑)
()
大町
()
市川
(大井手)
太田
(奥長)
納庄
(大谷)
浅野
()
中野
(齋藤)
山本 リベロ 冷水
23 田中
()
國近
(奥長)
齋藤
()
荒木
()
25
井上
()
白川(佑)
()
市川
()
大町
()
太田
(野里)
納庄
()
浅野
()
藤原
(関根)
山本 リベロ 冷水
25 田中
()
國近
(奥長)
齋藤
()
荒木
()
17
井上
()
白川(佑)
()
市川
()
大町
(大井手)
吉田
()
納庄
()
浅野
()
中野
(関根)
山本 リベロ 冷水
15 田中
(太田)
國近
(野里)
藤原
(齋藤)
荒木
()
11
井上
()
白川(佑)
()
市川
(大井手)
大町
()
奥長
(吉田)
納庄
()
浅野
()
中野
()
山本 リベロ 冷水

監督コメント

年明け最初の試合で良いスタートを切りたかったが、残念な結果になってしまいました。
少しのズレからの失点が多く、取り返せないままでしたがチーム状態は悪くないので修正して次回に臨みたいと思います。
刈谷の皆様、応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、千葉ゼルバは藤原のブロックポイントなどでリードする。拮抗した中盤、兵庫デルフィーノは途中交代の國近がアタックを決め千葉にくらいつくが、最後は千葉の中野がブロックを決めセットを奪う。
 第2セット、兵庫は白川(佑)のサーブが冴え、6連続得点で7-2とリードすると國近・田中のブロックとアタックでリードを保ちながらセットを奪い返した。
 第3セット、千葉は大町・浅野のアタックや齋藤のブロックで得点すると、兵庫は太田・納庄のアタックで反撃する。終盤まで互いに譲らない展開となるが、千葉・大町のアタックが2本連続で決まり、セットを奪う。
 第4セット、攻守がかみ合った兵庫は、田中・吉田のブロックなどで2度の5連続得点で、22-14と点差を広げる。千葉は大町が6得点で奮闘したが、このセットを失う。
 第5セット、兵庫の國近・吉田と、千葉の大町・浅野の打ち合いで競り合う。終盤、兵庫のセッター井上は速攻を積極的に使いリードすると、最後はその井上がブロックを決めで勝利した。
 千葉は大町・浅野のサイド攻撃やメンバーチェンジで流れを掴もうとしたが兵庫の勢いを止めきれなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 中澤 和美