V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
731
[開催日]
2016/12/11
[会場]
桜井市芝運動公園総合体育館
[観客数]
180
[開始時間]
14:20
[終了時間]
15:32
[試合時間]
1:12
[主審]
上土谷 政高
[副審]
竹川 貴之

きんでんトリニティーブリッツ

監督: 木村 朋浩
コーチ: 藤島 謙裕
通算ポイント: 20
通算: 7勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:23】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:20】
15
25 第3セット
【0:23】
16
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 6
通算: 1勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 昨日の敗戦から気持ちを切り替えて臨むことが出来た。奈良NBKさんの粘りに苦労したが、サーブとブロックで得点を重ねれた。切替からの得点力が乏しいので、年明けの試合までに修正したいと思います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

25
()
田畑
(内園)
渡邊
()

()
20
毛利
()
山本
()
岩田
(星宗)
河田
()
岡本
()
黒木
(尾松)
野口
()
久堀
()
長濱 リベロ 小寺
25
(尾松)
田畑
()
渡邊
()

()
15
毛利
(小野)
山本
()
河田
()
星宗
(下町)
岡本
()
黒木
()
野口
()
久堀
()
長濱 リベロ 小寺
25
()
田畑
()
渡邊
()
河田
()
16
小野
()
山本
()

()
星宗
()
岡本
()
黒木
()
野口
()
久堀
()
長濱 (大賀) リベロ 小寺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 年内最後のゲームでで、しかも地元での大会である第2レグのスタートを最高の形で切りたかったが、試合途中に怪我人が出たのは痛かった。これも今のチームを象徴している。とにかくきっかけを掴み、上昇への糸口としたい。
 応援ありがとうございました。

要約レポート

 両チーム今年最後となる試合、きんでんトリニティーブリッツと奈良NBKドリーマーズの一戦。
 奈良NBKは両レフトがブロックを利用する巧さのある攻撃や粘りのあるプレーをみせるも、きんでんが攻守にわたり、強さをみせ1セット目を先取した。
 第2セット、奈良NBKはきんでんを追いかける形で渡邊、野口の連続得点で勢いに乗り9対9まで追いついたが、ミスが出始め、流れに乗れず、きんでんがこのセットを連取した。
 第3セット、奈良NBKが粘りのバレーで中盤までリードしていたが、16対16からきんでん黒木のブロックポイントをはじめ、9連続得点で奈良NBKを寄せ付けず、セットカウント3-0で勝利した。                          

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 川合 凌平