V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
717
[開催日]
2016/12/03
[会場]
明石市立中央体育館
[観客数]
100
[開始時間]
15:42
[終了時間]
16:50
[試合時間]
1:08
[主審]
長堂 篤史
[副審]
沼田 浩二

近畿クラブスフィーダ

監督: 森 博之
コーチ:
通算ポイント: 8
通算: 3勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
20 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
19
25 第3セット
【0:20】
14
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

奈良NBKドリーマーズ

監督: 鹿谷 明生
コーチ:
通算ポイント: 4
通算: 1勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

 関西へ初見参の試合でしたが、練習でやってきたことが出来た内容だった。
 出足の悪さは相変わらずであるが、それを跳ね返す力が付いてきた。
 今日の出来を続けていけるように努めていきたい。今日も多くの声援を頂きありがとうございました。

25 北村
()
山本(映)
()
渡邊
()

()
20
河戸
(柿木)
中村
(片岡)
岩田
()
河田
()
梶野
(繁田)
本多
()
野口
()
久堀
()
齋藤 リベロ 小寺
25 北村
()
山本(映)
()
渡邊
(星宗)

()
19
河戸
(柿木)
中村
()
岩田
()
河田
()
梶野
()
本多
()
野口
()
久堀
()
齋藤 リベロ 小寺
25 北村
()
山本(映)
(南)
久堀
()

()
14
河戸
()
中村
(片岡)
岩田
()
河田
()
梶野
(柿木)
本多
()
野口
()
渡邊
()
齋藤 (森) リベロ 小寺

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日の敗戦は、一番やってはいけない悔しい試合となりました。
 リーグは続くので、明日勝利できるように気持ちを切り替え全力を尽くします。
 今日も応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、17-17までは互角の戦いを展開していたが、近畿クラブスフィーダはキャプテン本多のサービスエースで勢いに乗る。奈良NBKドリーマーズは2回のタイムアウトで流れを変えようとするが、近畿クラブは北村の強烈なスパイクでこのセットを先取した。
 第2セット、奈良は野口の活躍で13-13までは一進一退の攻防であったが、近畿クラブは本多のバックアタックで勢いに乗ると、河戸のブロックも決まるなど徐々に点差を広げ、最後は北村のスパイクでこのセットも近畿クラブが連取した。
 第3セット、8-8から近畿クラブは本多のフェイント、河戸のサービスエースなどで7連続得点を挙げ、このセットも主導権を握った。奈良は野口や碩の頑張りで追いすがったが近畿クラブの勢いを止めることはできず、セットカウント3-0のストレートで近畿クラブが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 赤井 倫大