V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
710
[開催日]
2016/11/19
[会場]
奈良市西部生涯スポーツセンター
[観客数]
150
[開始時間]
13:00
[終了時間]
15:02
[試合時間]
2:02
[主審]
中口 岳
[副審]
上村 英紀

千葉ゼルバ

監督:
コーチ: 上田 日登
通算ポイント: 5
通算: 1勝2敗
2

ポイント
1
19 第1セット
【0:18】
25 3

ポイント
2
21 第2セット
【0:22】
25
36 第3セット
【0:34】
34
25 第4セット
【0:23】
23
10 第5セット
【0:13】
15

【 】内はセット時間

長野GaRons

監督: 北沢 健
コーチ: 山崎 幸一郎
通算ポイント: 5
通算: 2勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 相手のスパイクの勢いを止られず、終始後手に回る展開になってしまった。
 こちらも粘り強く対応したが、残念な結果になりました。
 また、明日修正して臨みたいと思います。

19 中野
()
浅野
()
渡邉
()
春日
()
25
大井手
()
大町
()
清水
(神頭)
藤井
()
荒木
()
齋藤
()
浅岡(一)
()
高野
(土倉)
冷水 リベロ 夏目
21 中野
(吉岡)
浅野
()
渡邉
(青木)
春日
()
25
大町
()
大井手
()
清水
(神頭)
藤井
()
荒木
()
齋藤
()
浅岡(一)
()
高野
(土倉)
冷水 リベロ 夏目
36 中野
(吉岡)
浅野
()
渡邉
(濱田)
春日
()
34
大町
()
大井手
()
清水
(神頭)
藤井
()
荒木
()
齋藤
()
浅岡(一)
()
土倉
(青木)
冷水 リベロ 夏目
25 中野
(吉岡)
浅野
()
渡邉
(濱田)
春日
()
23
大町
()
大井手
()
清水
()
藤井
()
荒木
()
齋藤
()
浅岡(一)
()
土倉
(青木)
冷水 リベロ 夏目
10 中野
()
浅野
()
渡邉
(青木)
春日
()
15
大町
()
大井手
()
清水
()
藤井
()
荒木
()
齋藤
()
浅岡(一)
()
土倉
()
冷水 リベロ 夏目

監督コメント

 1セット目・2セット目は戦略通りのゲーム展開で進める事が出来、先取することができました。
 3セット目は相手の粘り強いレシーブで競り負け、4セット目はその勢いを止めることができませんでした。
 5セット目は気持ちを切り換え、立ち上がりから先取しそのまま逃げ切ることができました。
 チャレンジリーグⅡの厳しさを知る事が出来た一戦でした。
 明日もがんばります。応援よろしくお願いします。

要約レポート

 千葉ゼルバと長野GaRonsとの一戦。
 第1セット、序盤は長野が攻撃力が勝りリードし、長野・藤井の攻撃で点差を広げる。最後は交代で入った長野・神頭のサーブで点差を広げ、長野が1セット目を制した。
 第2セット、千葉・浅野の攻撃でリードするが、長野・土倉の攻撃で逆転したことで流れに乗り、その勢いで長野が2セット目を制した。
 第3セット、千葉・浅野と長野・藤井の打ち合いでデュースまでもつれこむ。最後は千葉・大町の攻撃で押し切り、千葉が3セット目を取り返す。
 第4セット、中盤までお互いの持ち味を出し互角の展開で進んでいく。先に抜け出したのは千葉。浅野・大町を中心に多彩な攻撃で連続得点を重ね、千葉が4セット目を制した。
 第5セット、序盤から長野の渡邉・藤井の攻撃で長野がリードする。千葉は浅野の連続得点で粘りを見せるが、長野の勢いが衰えず、得点を重ねて長野が5セット目を制した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 須貝 縦