V・チャレンジリーグⅡ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
702
[開催日]
2016/11/05
[会場]
須坂市市民体育館
[観客数]
440
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:57
[試合時間]
1:57
[主審]
木下 智宏
[副審]
林 康彦

兵庫デルフィーノ

監督: 岩本 正吾
コーチ:
通算ポイント: 2
通算: 1勝0敗
3

ポイント
2
19 第1セット
【0:24】
25 2

ポイント
1
23 第2セット
【0:25】
25
25 第3セット
【0:20】
14
25 第4セット
【0:22】
19
15 第5セット
【0:14】
13

【 】内はセット時間

千葉ゼルバ

監督:
コーチ: 上田 日登
通算ポイント: 1
通算: 0勝1敗

( )内は交代選手

監督コメント

 開幕戦を勝利で飾れて良かった。
1,2セットと千葉ゼルバの巧みなプレーにリズムに乗れなかったが、
主将の吉田を中心に良く巻き返してくれました。
リベロ奥長とサイド太田がよく我慢し、セッター今村が繋ぎ、今シーズンの方向が少し見えただろう。
 3セット目から入ったサイド原田とミドル大谷がベテランらしくチームに勇気を耐えてくれたことも大きい。
 本日は応援頂きありがとうございました。
次の試合に向けてレベルアップします。

19 吉田
()
太田
()
中野
()
荒木
()
25

(大谷)
田中
()
市川
()
大町
()
今村
()
白川(佑)
(藤田)
大井手
()
藤原
()
奥長 リベロ 冷水
23 吉田
()
太田
()
中野
()
荒木
()
25

()
田中
()
市川
()
大町
()
今村
()
白川(佑)
(原田)
大井手
(齋藤)
藤原
()
奥長 リベロ 冷水
25 田中
()
吉田
()
中野
()
荒木
()
14
今村
()
太田
()
市川
()
大町
()
原田
()
大谷
()
大井手
(吉岡)
藤原
()
奥長 リベロ 冷水
25 田中
()
吉田
()
中野
(齋藤)
荒木
()
19
今村
()
太田
()
市川
()
大町
()
原田
()
大谷
()
大井手
()
藤原
()
奥長 リベロ 冷水
15 田中
()
吉田
()
齋藤
()
荒木
()
13
今村
()
太田
()
大町
()
市川
(吉岡)
原田
()
大谷
()
大井手
()
藤原
()
奥長 リベロ 冷水

監督コメント

 1,2セット目は粘り強く我慢できたが、3セット目以降相手の勢いを止められず、逆に乗せてしまう形となった。
 明日修正して臨みたいと思います。

要約レポート

 第1セット、 出だしは千葉ゼルバが序盤から3連続ポイントを奪い、さらに中盤にかけ3連続ポイントを重ね優位に運び、終盤兵庫デルフィーノのミスも重なり、千葉が一方的にこのセットを奪う。
 第2セット、 中盤まで均衡した展開となり、終盤、千葉藤原の3連続ブロックが決まり2-0で千葉がリード。
 第3セット、追いかける兵庫は序盤からサービスエース、ブロックで千葉から6ポイントを連取、中盤以降も終始リードしてセットを奪い1-2とする。
 第4セット、両チームともにシーソーゲームで追随しあい、中盤兵庫がアタック、ブロックで6連続取得、最後もサービスエース、ブロックポイントで逃げ切りフルセットに持ち込む。
 第5セット、両チーム、点の奪い合いを繰り返し兵庫がリードしコートチェンジ。中盤以降互いに点を取り合い、千葉市川のブロックアウトで同点となり、終盤も互いに点を取り合うが、最後は兵庫原田の攻撃が決まり、フルセットの末、3-2で兵庫が逆転勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 渡辺幹雄