V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
159
[開催日]
2017/01/15
[会場]
刈谷市総合体育館(ウィングアリーナ刈谷)
[観客数]
2,065
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:17
[試合時間]
2:17
[主審]
村上 成司
[副審]
大塚 達也

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 阿部 純也
通算ポイント: 25
通算: 8勝7敗
2

ポイント
1
20 第1セット
【0:26】
25 3

ポイント
2
25 第2セット
【0:22】
17
21 第3セット
【0:31】
25
26 第4セット
【0:29】
24
13 第5セット
【0:17】
15

【 】内はセット時間

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 32
通算: 11勝4敗

( )内は交代選手

監督コメント

ホームゲームで選手たちは最後まで粘り強くプレーしてくれました。
レギュラーラウンドが残り少なくなってきて、1試合1試合が厳しい戦いになると思います。
今日の敗戦は大変悔しいですが、ジェイテクトらしいバレーをしてくれましたので次もしっかり準備して戦います。
本日も沢山のご声援ありがとうございました。

20 金丸
()
カジースキ
()
ジョルジェフ
()
富松
()
25
久保山
(清野)
古田
(高橋(慎))
鈴木
()
米山
()
高橋(和)
()
廣瀬
()

()
藤井
(佐野)
本間 リベロ 井手
25 金丸
()
カジースキ
()
富松
()
米山
(星野)
17
久保山
()
古田
()
ジョルジェフ
()
藤井
(梅野)
高橋(和)
(浅野)
廣瀬
()
鈴木
()

()
本間 リベロ 井手 (渡辺)
21 金丸
()
カジースキ
()

()
米山
()
25
久保山
(福山)
古田
()
ジョルジェフ
()
藤井
()
高橋(和)
()
廣瀬
()
鈴木
(星野)
富松
()
本間 リベロ (渡辺)
26 金丸
()
カジースキ
()
米山
()
藤井
()
24
久保山
(福山)
古田
(高橋(慎))

()
富松
()
高橋(和)
()
廣瀬
()
ジョルジェフ
()
鈴木
(星野)
本間 リベロ (渡辺)
13 金丸
()
カジースキ
()
藤井
(佐野)
富松
()
15
久保山
()
古田
()
米山
()
鈴木
()
高橋(和)
()
廣瀬
()

()
ジョルジェフ
()
本間 リベロ 井手 (渡辺)

監督コメント

今日のゲームはサーブレシーブが安定しなかった事と、ジェイテクト古田選手の攻撃を封じ込める事が出来ず、大変苦しい展開になってしまった。
ただ、苦しみながらも2ポイントを獲得できた事は評価したい。
来週以降も厳しい戦いが続くと思うが、東レらしい粘り強いバレーで勝利を目指していきたい。
本日も沢山の応援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、東レアローズのジョルジェフとジェイテクトSTINGSのカジースキの打ち合いで一進一退の攻防となるが、ジェイテクト・カジースキの強打を富松がブロックで阻み、東レが先取する。
 第2セット、ジェイテクトは古田のサイド攻撃、廣瀬の速攻などで東レを引き離す。東レはリズムを取り戻そうと試みるが逆にミスが重なり、ジェイテクトが第2セットを奪い返す。
 第3セット、ジェイテクトは東レの効果的なサーブによりサーブレシーブがセッターに返らず、攻撃が単調になる。東レはジョルジェフを中心とした攻撃や藤井の2連続サービスエースなどで着実に得点を重ねてセットを奪う。
 第4セット、後がないジェイテクトはカジースキの2連続サービスエースで息を吹き返し、さらに廣瀬のブロックポイントやカジースキのサイド攻撃でデュースまで持ち込みこのセットを奪ってセットカウント2-2とする。
 第5セット・ジェイテクトはカジースキの効果的なサーブで試合を優位に進めていくが、東レも粘り強いバレーで食らいつくとジョルジェフのサイド攻撃などで流れを取り戻し、このセットを奪って試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 徹