V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
157
[開催日]
2017/01/14
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
2,875
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:29
[試合時間]
1:29
[主審]
大塚 達也
[副審]
村上 成司

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 30
通算: 10勝5敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
23 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:28】
20
26 第3セット
【0:30】
24
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

サントリーサンバーズ

監督: ジルソン ベルナルド
コーチ: 栗原 圭介
通算ポイント: 24
通算: 8勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

雪で足元が悪い中、会場へ足を運んでくださり大変ありがとうございました。
大応援団に後押しされて接戦を勝ち取ることができました。
第3レグの初戦を勝利でき、この勢いでこの後の試合も全員で戦いますのでこれからも応援よろしくお願いします。

25 内山
()
傳田
()
星谷
()
藤中
(小川)
23
高松
()
山田
()
エスコバル
()
山本
(山村)

()
イゴール
()
栗山
()
鈴木
()
古賀(幸) リベロ 酒井
25 高松
(川口)
内山
(前田)
星谷
()
藤中
()
20

()
傳田
()
エスコバル
()
山本
(岡本)
イゴール
()
山田
()
栗山
(鶴田)
鈴木
(小川)
古賀(幸) リベロ 酒井
26 内山
(前田)
傳田
()
エスコバル
()
星谷
(山村)
24
高松
()
山田
(川口)
栗山
(鶴田)
藤中
()

()
イゴール
()
鈴木
()
岡本
()
古賀(幸) リベロ 酒井

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

自チームのサーブが機能せず、相手の強烈な攻撃を抑えることもできなかったばかりか、豊田合成のサーブで崩される場面も多かった。
課題をきちんと修正して来週はアグレッシブなバレーを展開したい。
ファンの皆様、今後ともご声援をよろしくお願いします。

要約レポート

第3レグ初戦の豊田合成トレフェルサとサントリーサンバーズの戦いは、豊田合成がストレートでホームで勝利を収めた。
 第1セット、豊田合成が積極的に攻撃を仕掛けて序盤からリードした。豊田合成・イゴールは高さあるスパイクとフェイントを織り交ぜて、得点を重ねた。サントリーは速いトス回しでブロックを振りながら、要所で鈴木・星谷の速攻を起用しくらいついていたが、豊田合成がイゴールのライトからの連続バックアタックで先取した。
 第2セット、サントリーは序盤からエスコバルにトスを集めるも波に乗れず、中盤には豊田合成が5連続ポイントで一気に抜け出した。サントリーはセッターを山本から岡本に代えるも点差は縮まらず、豊田合成がセットを連取した。
 第3セット、終盤まで競り合う形となったが、豊田合成・近がこの日5点目となるブロックを決め、最後は高松のサービスエースで勝利した。高松はどのセットも大きな声を出し、悪い流れの時にはコート内でメンバーに声を掛けていた姿が印象的だった。豊田合成はファイナルステージ進出に近づく1勝となった。
 サントリーは、鈴木の速攻やエスコバルのサイド攻撃で再三、流れを掴みかけたが豊田合成の勢いを止めることはできなかった。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 濱本 由梨子