V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
151
[開催日]
2017/01/07
[会場]
広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)
[観客数]
3,530
[開始時間]
14:00
[終了時間]
15:20
[試合時間]
1:20
[主審]
石井 洋壮
[副審]
國頭 亮太

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 28
通算: 9勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:21】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:23】
18
27 第3セット
【0:30】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 0
通算: 0勝13敗

( )内は交代選手

監督コメント

 スタートからフローターサーブが効果を発揮し、連続得点を奪う事ができたため、勢いがついた。
 第3セットはクロスゲームとなったが、持ち前の粘り強さを発揮し勝利する事ができた。
 2017年も良いスタートが切れたので、引き続き「克」を胸に頑張っていきたいと思う。
 今年も応援よろしくお願いします。

25
()
鈴木
()
ペピチ
()
衛藤
(奥村)
17
藤井
()
ジョルジェフ
()
手塚
(橘(尚))
和中
(小田嶋)
米山
()
富松
()
栗山
()
手原
(山田)
渡辺 リベロ 橘(裕)
25 藤井
(落合)

()
衛藤
(奥村)
和中
(小田嶋)
18
米山
()
鈴木
()
ペピチ
()
手原
(山田)
富松
()
ジョルジェフ
()
手塚
(橘(尚))
栗山
()
渡辺 リベロ 橘(裕)
27
()
鈴木
()
奥村
()
和中
(小田嶋)
25
藤井
(落合)
ジョルジェフ
()
ペピチ
()
山田
()
米山
(小宮)
富松
()
手塚
(橘(尚))
栗山
(近江)
渡辺 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 東レアローズの良いサーブで試合の主導権を握られ、こちらのブレイクする機会を奪われてしまった。
 気持ちをきりかえてあすのゲームに挑みたい。
 年明けの大事な一戦、はるばる広島までお越しくださいました皆さま、ありがとうございました。
 明日も引き続き、応援よろしくお願いいたします。

要約レポート

 第2レグ最終週を迎え、首位を狙う東レアローズと何とか初勝利をあげたいFC東京の対戦。
 第1セット、リーグ中断明けのためか、両チームともリズムが掴めない中、東レが富松のサーブをきっかけに、ジョルジェフ、米山のスパイクで流れをつかみ、そのままセットを先取した。
 第2セット、序盤から両者譲らない展開となったが、東レは要所でジョルジェフ、李がサービスエース、鈴木がスパイクを決め、確実に得点を積み重ね、2セットを連取した。
 第3セット、後がなくなったFC東京はペピチを中心に攻撃を組み立てて、デュースに持ち込んだ。しかし、最後は地力に勝る東レが押し切り、中断明けの初戦を勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 谷口 和宏