V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
138
[開催日]
2016/12/04
[会場]
南砺市福野体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
14:40
[終了時間]
16:55
[試合時間]
2:15
[主審]
浅井 唯由
[副審]
田中 昭彦

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 18
通算: 6勝4敗
3

ポイント
2
22 第1セット
【0:26】
25 2

ポイント
1
25 第2セット
【0:29】
23
25 第3セット
【0:25】
20
13 第4セット
【0:26】
25
15 第5セット
【0:17】
10

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 阿部 純也
通算ポイント: 15
通算: 5勝5敗

( )内は交代選手

監督コメント

 お互いに知り尽くした中で、激しい試合となりました。第4セット目を失いながらよく選手たちが勝ち取ってくれました。この試合で学んだことを、次の試合で生かしていきたいと思います。
 今日もたくさんの応援ありがとうございました。
 

22 高松
(川口)
内山
(細中)
廣瀬
()
高橋(和)
()
25

()
傳田
()
古田
()
高橋(慎)
()
イゴール
()
山田
(岡本)
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間
25 内山
(細中)
傳田
()
廣瀬
()
高橋(和)
()
23
高松
()
山田
(前田)
古田
()
高橋(慎)
(袴谷)

()
イゴール
()
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間
25 高松
(川口)
内山
(細中)
廣瀬
()
高橋(和)
()
20

()
傳田
()
古田
(清野)
高橋(慎)
(袴谷)
イゴール
()
山田
()
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間
13 内山
(前田)
傳田
()
廣瀬
()
高橋(和)
()
25
高松
()
山田
()
清野
()
高橋(慎)
()

(山近)
イゴール
(椿山)
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間
15 傳田
()
山田
(前田)
廣瀬
()
高橋(和)
()
10
内山
(細中)
イゴール
()
清野
()
高橋(慎)
(袴谷)
高松
(川口)

()
カジースキ
()
金丸
()
古賀(幸) リベロ 本間

監督コメント

 今日の試合、第2セット目がポイントであったと思います。いいリズムで戦っていましたが、相手の粘り強いプレーで、リズムを失ってしまったことが敗因でした。安定した力を出し切るためにも、次に向けて、課題点を修正し、チーム力を上げて戦います。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。

要約レポート

 前日、ストレートで敗戦した豊田合成トレフェルサと、フルセットで逆転勝利したジェイテクトSTINGSとの対戦。
 豊田合成は現在リーグで総得点とアタック決定本数1位のイゴールを、ジェイテクトはカジースキと身長が2mを超える両外国籍選手を中心とした攻撃が組み立てられた。
 第1セット、終盤まで一進一退の接戦で進んだ。22-23のところで豊田合成のイゴールのスパイクがアウトとなり、そのままジェイテクトが逃げ切り先取した。
 第2セット、ジェイテクトが高橋(和)のスパイク、連続サービスエースなどで得点を重ね16-12と流れを掴んだかに見えた。しかし、そこから豊田合成がイゴールの連続得点で追い付き逆転し、このセットは豊田合成が取り返した。
 第3セットは豊田合成が、第4セットはジェイテクトがそれぞれ序盤から連続得点を重ねリードを広げてセットを取り、勝負は最終セットにもつれ込んだ。
 第5セット、豊田合成は4-4からイゴールのスパイク、ブロックなどで10-5と大量リードし流れを掴む。ジェイテクトもカジースキの活躍で10-12と追いすがるが、最後は傳田がブロックを決めて、セットを取りこの試合に勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 新酒 直幸