V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
137
[開催日]
2016/12/04
[会場]
南砺市福野体育館
[観客数]
2,000
[開始時間]
12:00
[終了時間]
14:01
[試合時間]
2:01
[主審]
高橋 宏明
[副審]
森口  豊

東レアローズ

監督: 小林 敦
コーチ: 篠田 歩
通算ポイント: 20
通算: 6勝4敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
20 1

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
22
23 第3セット
【0:30】
25
25 第4セット
【0:28】
22
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 平馬 慶太
通算ポイント: 10
通算: 3勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日のゲームは、東レらしい粘り強いバレーを展開することができました。
 第3セット目は、サーブが弱くなり、連続得点が奪えなくなってしまいましたが、第4セット目からは、再び攻撃的なバレーを展開することに成功し、今日の勝利につながりました。
 本日も沢山の応援ありがとうございました。

25 藤井
(佐野)

()
筧本
()
八子
(安井)
20
米山
()
鈴木
(星野)
ルブリッチ
()
深津
()
富松
()
ジョルジェフ
(梅野)
越川
()
中島
()
渡辺 リベロ 唐川
25
()
鈴木
(星野)
筧本
()
安井
(八子)
22
藤井
(佐野)
ジョルジェフ
(梅野)
ルブリッチ
()
深津
(井上(俊))
米山
()
富松
()
越川
()
中島
(町野)
渡辺 リベロ 唐川 (久原)
23 藤井
(佐野)

()
筧本
()
八子
()
25
米山
(星野)
鈴木
(井手)
ルブリッチ
()
井上(俊)
()
富松
()
ジョルジェフ
()
越川
()
町野
()
渡辺 リベロ (久原)
25
()
鈴木
(井手)
筧本
(中島)
八子
(吉岡)
22
藤井
(佐野)
ジョルジェフ
(梅野)
ルブリッチ
()
井上(俊)
(深津)
米山
()
富松
()
越川
()
町野
()
渡辺 リベロ (久原)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日のゲームは出だしが悪く、自分たちのリズムをなかなか作りきれませんでした。東レアローズにはおめでとうを言いたいです。
 来週に重要な2試合が控えているので、今から気持ちを切り替えて臨まなければならないことを選手に伝えました。
 ファンの皆様ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 前日はストレートで快勝したJTサンダーズと、逆転負けをした東レアローズの試合。両チームとも控え選手も活躍する、チーム一丸で戦う試合となった。
 第1セット、東レが19-17からジョルジェフのサービスエース、藤井のツーアタックで勢いに乗り先取した。
 第2セット、東レの米山、富松、鈴木らのサーブで相手を崩し得点を重ね、16-10と大きくリードした。JTは八子のブロックで流れを掴み19-19と追い付くも、ミスで流れを渡してしまい、東レが連取した。
 第3セット、JTは越川のサーブで流れに乗り、終始リードしてゲームが進んだ。終盤、東レは20-23から3連続ブロックで追い付くが、最後はJTの井上がノータッチでサーブを決め、1セットを取り返した。
 第4セット、スパイクミスの目立つJTに対して、東レは李のブロックや富松の速攻が決まり流れに乗った。19-24と後が無くなったJTは、交代して入った吉岡の踏ん張りで22-24まで詰め寄るが、最後は東レのジョルジェフのスパイクが決まり勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 沖田 直久