V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
123
[開催日]
2016/11/19
[会場]
小牧市スポーツ公園総合体育館(パークアリーナ小牧)
[観客数]
2,561
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:26
[試合時間]
1:26
[主審]
石井 洋壮
[副審]
西中野 健

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 10
通算: 3勝3敗
0

ポイント
0
21 第1セット
【0:24】
25 3

ポイント
3
23 第2セット
【0:28】
25
23 第3セット
【0:28】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

ジェイテクトSTINGS

監督: 増成 一志
コーチ: 阿部 純也
通算ポイント: 9
通算: 3勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 ホームゲームに多くの方々が応援にかけつけて頂き、誠にありがとうございます。今日の試合は本来の力が出せなかった事が敗因でした。
 明日は気持ちを切り替えて、1試合1試合を大事に戦っていきます。

21 内山
(椿山)
傳田
()
古田
()
廣瀬
(松原)
25
山田
(川口)
白岩
()
カジースキ
()
高橋(和)
()

()
イゴール
()
金丸
()
久保山
()
古賀(幸) リベロ 本間
23 傳田
()
白岩
()
古田
()
廣瀬
()
25
内山
(前田)
イゴール
()
カジースキ
()
高橋(和)
()
山田
(岡本)

()
金丸
()
久保山
()
古賀(幸) リベロ 本間
23 傳田
()
白岩
(椿山)
古田
()
廣瀬
()
25
内山
()
イゴール
()
カジースキ
()
高橋(和)
()
岡本
()

()
金丸
(松原)
久保山
(高橋(慎))
古賀(幸) リベロ 本間

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 昨シーズンチャンピオンである豊田合成に勝利できたことは、なかなかリズムを作れなかったチームにとって大変大きな1勝です。相手のミスに助けられた場面もありましたが、3セット目の厳しい展開を粘り強くプレーし、ストレートで勝てたことはチーム全員の頑張りであったと思います。
 明日はホームゲームとなりますので今日の勢いをもって試合に臨みます。本日もたくさんの声援ありがとうございました。

要約レポート

 ホームチームの豊田合成トレフェルサ対ジェイテクトSTINGSの愛知県同士の地元対決は、セットカウント3対0でジェイテクトが勝利した。
 第1セット、ジェイテクトが序盤カジースキの2連続のサービスエースを含む6連続得点で流れを掴んだ。終盤、豊田合成に追い上げられるも、高橋(和)、古田のアタックで逆転を許さなかった。豊田合成も10対5からイゴールのバックアタック、近のブロックなどで連続得点を上げ2点差まで追い上げるも、大事なところでサーブミスが続いたのが痛かった。
 第2セット、豊田合成イゴールとジェイテクト・カジースキが得点を奪い合う展開となった。ジェイテクトはこのセットも古田、高橋(和)がブロックポイントを上げ、リズムを作り4点差まで広げた。終盤、豊田合成の反撃で追い上げられるも逃げ切りセットを連取した。豊田合成は痛いところで自分たちのミスが出てしまい、追いつくことが出来なかった。
 第3セット、豊田合成は山田を岡本に代えてスタート。4対4で豊田合成はゲームキャプテン内山のブロックでこの試合初めてリードすると6点差まで点差を広げ、このセットを優位に進めた。しかしジェイテクト・カジースキが13対17で岡本をブロックすると攻撃のリズムを取り戻し、19対21から豊田合成イゴールのバックアタック3本をブロックし、逆転で勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 水越 義雄