V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
110
[開催日]
2016/11/06
[会場]
小瀬スポーツ公園体育館
[観客数]
1,522
[開始時間]
14:05
[終了時間]
15:25
[試合時間]
1:20
[主審]
田野 敏彦
[副審]
村上 成司

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 平馬 慶太
通算ポイント: 4
通算: 1勝2敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:25】
22 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:21】
12
25 第3セット
【0:28】
23
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 0
通算: 0勝3敗

( )内は交代選手

監督コメント

 試合のキーポイントはサーブレシーブからの攻撃でブレイクポイントを重ね、自分たちの流れで終始試合を支配することができた。
 昨日の敗戦から気持ちを立て直すことは容易ではなかったと思うが、選手達は良くやってくれたと思う。
 選手達には心からおめでとうと言いたい。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

25 ルブリッチ
()
筧本
()
手塚
(橘(尚))
山岡
(山田)
22
越川
()
安井
()
竹浪
()
衛藤
()
中島
()
深津
()
ペピチ
()
和中
(小田嶋)
唐川 リベロ 橘(裕)
25 越川
()
ルブリッチ
()
手塚
()
山岡
(山田)
12
中島
()
筧本
()
竹浪
(栗山)
衛藤
()
深津
()
安井
()
ペピチ
()
和中
(橘(尚))
唐川 リベロ 橘(裕)
25 ルブリッチ
()
筧本
(井上(俊))
栗山
()
和中
(小田嶋)
23
越川
()
安井
()
山田
()
ペピチ
()
中島
(八子)
深津
()
手塚
(橘(尚))
衛藤
(長友)
唐川 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 サーブが機能せず、リズムを作ることができませんでした。レシーブからの攻撃で失点が多く、ラリーを取れなかったことが敗因だと思います。
 本日も熱い声援をありがとうございました。引き続き応援の程、よろしくお願いいたします。

要約レポート

 今シーズン早く1勝をあげたいJTサンダーズとFC東京の戦いは、JTが3-0のストレートで勝利をつかみ初白星を飾った。
 第1セット、JTは安井とルブリッチ、FCの手塚とペピチのスパイクで中盤まで1点を取り合う展開が続いた。終盤に入るとJTは安井のサービスエース、越川のスパイクで得点を重ねた。FCは、手塚のスパイクなどで点差を詰めるが、最後はルブリッチのスパイクが決まりJTがセットを先取した。
 第2セット、JTは深津のサービスエースから3-0のリードでスタートすると、越川のスパイクやブロックで得点を重ねた。FCも栗山の速攻などで応戦するが、最後は深津のサービスエースでセットを連取した。
 第3セット、序盤はJTは安井とルブリッチ、FCは手塚とペピチのスパイクで得点を重ねた。中盤からはJTの中島と筧本の速攻、FCの衛藤と栗山の速攻で得点を重ね、一点を争う攻防となった。最後はJTの筧本の速攻が決まり、次週へつなぐ初勝利をおさめた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 佐藤 治