V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
106
[開催日]
2016/11/05
[会場]
小瀬スポーツ公園体育館
[観客数]
1,630
[開始時間]
14:00
[終了時間]
16:01
[試合時間]
2:01
[主審]
澤 達大
[副審]
村中 伸

堺ブレイザーズ

監督: 真保 綱一郎
コーチ: 坂梨 朋彦
通算ポイント: 5
通算: 2勝0敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
20 1

ポイント
0
22 第2セット
【0:26】
25
25 第3セット
【0:28】
22
25 第4セット
【0:31】
23
第5セット
【】

【 】内はセット時間

FC東京

監督: 坂本 将康
コーチ: 阿部 篤史
通算ポイント: 0
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合、苦しい展開の中、勝点3を取れたことは非常に大きい。昨シーズンまで同じコートにいたペピチ選手と対戦するということもあり、ゲームの進め方に固さが見られた。
 また、セットによって波があるので、特にサイドアウトを中心に改善していく必要がある。
 応援ありがとうございました。

25 出耒田
()
石島
()
手塚
()
山岡
(山田)
20
佐川
(玉宅)
ウォレス
()
竹浪
()
衛藤
(長友)
千々木
(伊藤)
松本
(横田)
ペピチ
()
和中
(小田嶋)
井上 リベロ 橘(裕)
22 出耒田
(内藤)
石島
()
手塚
()
山岡
(山田)
25
佐川
()
ウォレス
()
竹浪
()
衛藤
(長友)
千々木
()
松本
()
ペピチ
()
和中
(小田嶋)
井上 リベロ 橘(裕)
25 出耒田
()
石島
()
手塚
(橘(尚))
山岡
(山田)
22
佐川
()
ウォレス
()
竹浪
()
衛藤
()
千々木
(伊藤)
松本
()
ペピチ
()
和中
(小田嶋)
井上 リベロ 橘(裕)
25 出耒田
()
石島
()
竹浪
()
和中
(小田嶋)
23
佐川
(玉宅)
ウォレス
()
ペピチ
()
山岡
(山田)
伊藤
(千々木)
松本
()
手塚
()
衛藤
()
井上 リベロ 橘(裕)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 各セット、中盤から終盤にかけての得点をしっかり取っていきたいです。
 FC東京の良い所は十分に出てきているので、前向きに明日のゲームに取り組んでいきたいです。
 来て下さいましたサポーター、ファンの皆さん、本日も応援ありがとうございました。明日もどうぞよろしくお願いいたします。

要約レポート

 開幕2連勝を目指す堺ブレザーズと初勝利が欲しいFC東京の対戦。
 第1セット、FC東京はペピチにボールを集めるが、堺はブロックポイントなどで序盤から試合を有利に進める。さらにセッター佐川がクイックを効果的に使い、セットを先取した。
 第2セット、FC東京のペピチ、手塚が強烈なスパイクを次々に決めて、勢いづくとそのまま粘る堺を振り切り、セットを取り返した。
 第3セット、中盤までは両チーム一進一退の展開だったが、堺のチャレンジ成功から流れが変わる。堺は石島のスパイクなどで6連続ポイントを奪って引き離し、そのままセットを取りリードする。
 第4セット、終盤までお互いに見ごたえのある攻防を見せ、両者一歩も譲らない展開となった。終盤に、堺はウォレスが強烈なスパイクを決め、最後は出耒田のブロックで接戦を制し、セットカウント3-1で開幕2連勝を飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 小林 芳樹