V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
105
[開催日]
2016/11/05
[会場]
小瀬スポーツ公園体育館
[観客数]
1,400
[開始時間]
12:00
[終了時間]
13:20
[試合時間]
1:20
[主審]
村上 成司
[副審]
田野 敏彦

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 3
通算: 1勝1敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:27】
23 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:22】
15
25 第3セット
【0:25】
22
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTサンダーズ

監督: ヴコヴィッチ ヴェセリン
コーチ: 平馬 慶太
通算ポイント: 1
通算: 0勝2敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日の試合は、1敗した後で非常に難しい立ち上がりだった。しかしコート内外の貢献によって勝利することができた。
 ようやくエンジンがかかってきた状態と言える。これからも日々成長できるように闘いたい。
 会場に来て下さったファンの皆様ありがとうございます。

25 傳田
()
白岩
()
筧本
()
安井
(久原)
23
内山
()
イゴール
()
ルブリッチ
()
深津
()
高松
(川口)

()
八子
()
中島
()
古賀(幸) リベロ 唐川
25 傳田
()
白岩
()
筧本
()
安井
(久原)
15
内山
()
イゴール
()
ルブリッチ
()
深津
(井上(俊))
高松
(川口)

()
八子
(越川)
中島
()
古賀(幸) リベロ 唐川
25 傳田
()
白岩
()
筧本
()
八子
()
22
内山
()
イゴール
()
ルブリッチ
()
深津
()
高松
(川口)

()
越川
()
中島
()
古賀(幸) リベロ 唐川

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 まずは勝利した豊田合成におめでとうと言いたい。彼らは勝利に値するチームだった。
 序盤の連続失点から波に乗れず、終始追いかける展開となり、追いつけるチャンスを生かしきれず、1セット目をとることが出来なかった事が敗因だと思う。
 明日の試合に向けて、しっかりと切り替えることが重要だ。
 ファンの皆様、ご声援ありがとうございました。

要約レポート

 今シーズンの初戦をともに白星で飾ることができなかった豊田合成トレフェルサとJTサンダーズとの戦いは、昨シーズン覇者の豊田合成が3-0のストレートで勝利をつかんだ。
 第1セットは、序盤にリードを許したJTが安井のスパイクなどで1点差まで追い詰めたものの、豊田合成が白岩とイゴールの活躍でセットを先取した。
 第2セットも、高松とイゴールの強烈なジャンピングサーブが効果的に決まり、常に戦いを優位にすすめた豊田合成がセットを連取した。
 第3セット、近と傳田の速攻、高松のスパイクなど多彩な攻撃で豊田合成が19-14とリードした。JTは中島の速攻などで流れをつかみ23-22と1点差まで追い詰めたものの、最後は豊田合成イゴールのスパイクが連続して決まり、このセットも豊田合成が取った。
 豊田合成は昨シーズンでみせた安定した戦いを見せ、今シーズン初勝利をおさめた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 古明地 隆