V・プレミアリーグ男子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
101
[開催日]
2016/10/22
[会場]
大阪市中央体育館
[観客数]
2,500
[開始時間]
12:05
[終了時間]
13:39
[試合時間]
1:34
[主審]
印藤 智一
[副審]
石井 洋壮

豊田合成トレフェルサ

監督: クリスティアンソン アンディッシュ
コーチ: 藤田 和広
通算ポイント: 0
通算: 0勝1敗
0

ポイント
0
19 第1セット
【0:25】
25 3

ポイント
3
30 第2セット
【0:37】
32
23 第3セット
【0:26】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

パナソニックパンサーズ

監督: 川村 慎二
コーチ: 古田 博幸
通算ポイント: 3
通算: 1勝0敗

( )内は交代選手

監督コメント

 
 今日は開幕戦ということもあり、普段通りのプレーができなかった。
 相手のパナソニックは素晴らしいプレーをしていた。特に攻撃で我々をかなり上回っていたし、それが結果につながったと思う。
 尻上がりにチームが強くなり、成長できるように努力したい。
 今日は、応援ありがとうございました。

19 内山
(前田)
傳田
()
山内
()
クビアク
()
25
高松
(川口)
白岩
(山田)
清水
(合田)
深津
()

()
イゴール
()
福澤
()
白澤
()
古賀(幸) リベロ 永野
30 白岩
()
イゴール
()
山内
()
クビアク
()
32
傳田
()

()
清水
()
深津
(池田)
内山
(前田)
高松
(川口)
福澤
()
白澤
(合田)
古賀(幸) リベロ 永野
23 イゴール
()

()
山内
()
クビアク
()
25
白岩
(岡本)
高松
(川口)
清水
()
深津
(池田)
傳田
()
内山
()
福澤
()
白澤
(合田)
古賀(幸) リベロ 永野

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 
 開幕とあって固さがみられるかと思ったが、選手一人一人が自信を持ってプレーをしてくれた。
 長いリーグ、一戦一戦強くなれるよう、再来週に向けて調整していきたい。
 たくさんのご声援、ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いします。

要約レポート

 バレーボール国内リーグ発足50年目にあたる記念すべき今シーズンは、昨シーズンの覇者豊田合成トレフェルサと2位パナソニックパンサーズという好カードの対戦で幕を開けた。
 第1セット、パナソニックはミハウの緩急織り交ぜたアタックでリズムに乗ると、そのままセットを先取する。
 第2セット、両者譲らぬ展開となりデュースまでもつれ込む。豊田合成はイゴールにボールを集め得点を重ね、今シーズンから導入されたチャレンジシステムを2回成功させるも、パナソニックの清水、福澤のスパイクでセットを連取される。
 第3セット、豊田合成は傳田の鋭いクイックやイゴールの強烈なスパイクで序盤から巻き返しをはかり、22‐21でリードするが、パナソニックは山内のブロックで同点に追いつき、セッター深津が仕掛ける多彩な攻撃で相手のブロックを翻弄し、粘る豊田合成を振り切った。
 パナソニックが地元大阪で見事アニバサリーイヤーの初戦を勝利で飾った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 岩井 好恵