V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
382
[開催日]
2017/01/29
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
[観客数]
2,050
[開始時間]
13:05
[終了時間]
14:32
[試合時間]
1:27
[主審]
江下 毅
[副審]
北村 友香

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 15
通算: 5勝16敗
3

ポイント
3
25 第1セット
【0:22】
17 0

ポイント
0
25 第2セット
【0:27】
14
25 第3セット
【0:32】
20
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

PFUブルーキャッツ

監督: 寺廻 太
コーチ: 加藤 陽一
通算ポイント: 11
通算: 3勝18敗

( )内は交代選手

監督コメント

 レギュラーラウンド最後の試合で開幕戦と同じようなゲーム展開で、シーガルズの良さが2セット目までは出たように思う。
 この教訓を入れ替え戦に向け、1ヵ月半の大切な時間を忘れず頑張り抜くことが市民クラブチームとして応援してくださるファンの方々へのメッセージとなる。
 チームが低迷する中、全国各地に足を運んでくださった方、あるいは、ネット配信等での観戦を通して支援してくださった方、このような方々の力強い応援を胸に、これから更にたくましく飛躍していきたい。
 本日も、力強いたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

25 佐々木
()

()
松浦
()
ドリス
()
17
山口
()
川島
()
江畑
(堀口)
三橋
()
宮下
()
金田
()
清水(眞)
(宇田)
狩野
()
丸山(亜) リベロ 高橋 (吉安)
25 山口
(居村)
佐々木
()
清水(眞)
()
江畑
(堀口)
14
宮下
()

()
狩野
()
松浦
(島畑)
金田
()
川島
()
三橋
()
ドリス
(宇田)
丸山(亜) リベロ 高橋 (吉安)
25 佐々木
()

(宇賀神)
狩野
()
清水(眞)
(宇田)
20
山口
(居村)
川島
()
三橋
()
堀口
()
宮下
(渡邊)
金田
()
ドリス
()
松浦
()
丸山(亜) リベロ 高橋 (吉安)

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 レギュラーシーズン最終戦、自分たちの力で7位浮上をねらったが、シーガルズの軟打をレシーブできず、リズムを崩して、悔しいストレート負けを喫してしまった。
 リーグを通して成長し部分もあるが、力の足らなさを痛感したシーズンとなった。
 この悔しさをばねにチャレンジマッチに向けてチームを立て直し、絶対に負けないという気持ちを持って試合に臨みたい。
 長いシーズン、負けの続く中、大変多くのご声援をいただきありがとうございました。
 新たな1ページに向けて進んでまいりたいと思いますので、引き続きご声援の程、よろしくお願いします。

要約レポート

 レギュラーラウンド最終試合に、4勝16敗の7位で臨む岡山シーガルズと、3勝17敗の8位で臨むPFUブルーキャッツの戦いは、第1セットの中盤まで一進一退の攻防が続いた。中盤からは、粘り強いレシーブから、強打とプッシュを使い分けて得点を重ね、ゲームの流れをつかんだ岡山が先取した。
 続く第2セットも、粘り強いレシーブでPFUに得点を許さず、序盤から終始リードを保ってきた岡山。前衛では強打にプッシュ、後衛ではサービスエースと、多くの得点に貢献した泉の活躍もあって、このセットも連取した。
 後がないPFUは第3セット、ドリスにボールを回し、何とか巻き返しを図ろうとするが、岡山のブロックとレシーブに完全に封じられる。勢いの止まらない岡山は、泉の強打で序盤からリードを広げる。PFUも、堀口の力強いスパイクでその差を詰め、同点まで追いつくが、セット終盤にも泉の連続サービスエースなどで着実に得点を重ねた岡山が、地元で意地の勝利を勝ち取った。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 北島 一道