V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
381
[開催日]
2017/01/29
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
[観客数]
1,700
[開始時間]
15:15
[終了時間]
16:40
[試合時間]
1:25
[主審]
國頭 亮太
[副審]
グレッグ ルーオー

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 30
通算: 10勝11敗
0

ポイント
0
24 第1セット
【0:28】
26 3

ポイント
3
21 第2セット
【0:28】
25
15 第3セット
【0:23】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 39
通算: 13勝8敗

( )内は交代選手

監督コメント

 今日は相手チーム優勢のゲーム展開になってしまったが、メンバーチェンジをした選手達が奮起した。特に今まで出場機会がなかった安井が榊原に代わって存在感を出してくれた。新人の選手達もリーグ戦を経験できたことが、今後に活きてくると思う。
 ファイナルラウンドまで少し時間があるので、課題の修正やプレーの精度向上、戦術理解を深めるとともに、一人ひとりのコンディションも万全で臨めるよう、有効に活用していきたい。
 本日も、熱いご声援ありがとうございました。

24 荒木
()
ポリーナ
()
寺井
(位田)
シッティラック
(井上)
26
小田
()
比金
()
中村
()
田中(美)
()
高橋
()

(平松)
田中(瑞)
()
奥村
(高橋)
榊原 リベロ 小幡
21 高橋
(村永)
小田
()
寺井
(高橋)
シッティラック
()
25
平松
()
荒木
()
中村
()
田中(美)
()
比金
()
ポリーナ
()
田中(瑞)
()
奥村
(位田)
榊原 リベロ 小幡
15 小田
()
荒木
()
寺井
(高橋)
シッティラック
()
25
高橋
(村永)
ポリーナ
()
中村
()
田中(美)
()
平松
()
比金
(細川)
田中(瑞)
()
奥村
(位田)
榊原 (安井) リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 トヨタ車体の攻撃力に苦しめられたが、ブロックとレシーブの関係をしっかり確認しながら対応して戦うことができた。また、長くラリーが続く場面でも粘り強く戦えたことも勝ちにつながった。
 ファイナル6で、今よりも精度の高いバレーを展開していけるよう、チーム一丸となって日々の練習に取り組んでいきたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 第1セット、JTマーヴェラスの連続ブロックによりゲームが動き始める。トヨタ車体クインシーズもブロック、スパイクで応戦し19-20とする。JT田中(瑞)のスパイクにより先行するも点差は離れず24-24となる。最後はトヨタ車体のサーブミスの後、JT田中(美)のブロックで接戦をものにする。
 第2セット序盤も接戦が続くが、JTがじりじりと点差を広げ16-12と抜け出す。ここからトヨタ車体が効果的な攻撃で連続ポイントし16-16と追いつき、一進一退となるもJTシッティラックのスパイクにより流れを引き寄せ、25-21でセットカウント2-0とする。
 第3セット序盤も接戦であったが、JT田中(瑞)のスパイク、中村のサーブ、寺井のブロックなどにより連続ポイントを重ね、トヨタ車体のポリーナがスパイクで応戦するも25-15と一方的なセットとなり、セットカウント3-0でJTが勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 山本 浩之