V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
378
[開催日]
2017/01/28
[会場]
岡山県総合グラウンド体育館(ジップアリーナ岡山)
[観客数]
2,100
[開始時間]
15:25
[終了時間]
17:25
[試合時間]
2:00
[主審]
北村 友香
[副審]
江下 毅

岡山シーガルズ

監督: 河本 昭義
コーチ: 吉田 啓佑
通算ポイント: 12
通算: 4勝16敗
1

ポイント
0
19 第1セット
【0:28】
25 3

ポイント
3
24 第2セット
【0:29】
26
25 第3セット
【0:25】
14
17 第4セット
【0:29】
25
第5セット
【】

【 】内はセット時間

トヨタ車体クインシーズ

監督: 多治見 麻子
コーチ: 印東 玄弥
通算ポイント: 30
通算: 10勝10敗

( )内は交代選手

監督コメント

 第1セット中盤の攻防で相手のセンターとポリーナ選手の位置を明確に理解し、トスワーク生かせば逃げ切るチャンスがあった。また、スパイカーももう少し攻めに工夫がほしい。
 第3セットは繋ぎからリズムに乗り、逃げ切ったが、第4セットにやや安心した空気になり、トヨタ車体のサーブに狙われた。
 明日はリーグ戦最後のゲーム。応援してくださる皆様に思いの伝わるゲームで締めくくりたい。
 本日は厳しい寒さの中、たくさんのご声援ありがとうございました。

19 川島
(吉田)
佐々木
()
ポリーナ
()
比金
()
25
宮下
(渡邊)

(高田)
荒木
()

()
金田
()
山口
()
小田
()
高橋
(村永)
丸山(亜) リベロ 榊原
24 佐々木
(大升)

()

(竹内)
村永
()
26
山口
(居村)
川島
(高野)
比金
()
小田
()
宮下
()
金田
(吉田)
ポリーナ
()
荒木
()
丸山(亜) リベロ 榊原
25 居村
()
金田
()
ポリーナ
()
比金
(山田)
14
宮下
(渡邊)

(高田)
荒木
()
竹内
()
佐々木
()
川島
()
小田
(細川)
村永
()
丸山(亜) リベロ 榊原
17 佐々木
(大升)

(高田)

()
高橋
()
25
川島
(高野)
居村
()
比金
()
小田
()
宮下
(吉田)
金田
()
ポリーナ
()
荒木
()
丸山(亜) リベロ 榊原

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 今日は相手チームのホームと言うことで、自チームにとっては厳しい条件の中、選手・スタッフ達が、強い気持ちでゲームに臨んでくれた。
 メンバーチェンジをした選手達も、状況や役割、そして戦術を理解してプレーすることが出来た。
 今後、ファイナルラウンドで勝ち点を上げるためにも、前向きな選手交代を増やしていきたい。
 さらに、戦術、チームワークを磨き、幅のあるチーム戦術を展開していきたい。
 本日も熱いご声援、ありがとうございました。

要約レポート

 第1セットは、両チーム譲らず一進一退の展開であったが、中盤以降、荒木のブロック、ポリーナの強烈なサーブで流れを掴むと、終盤には途中出場の村永がブロック、スパイクと大活躍しトヨタ車体クインシーズがセットを奪う。
 第2セットは、序盤から佐々木の巧みな攻撃により岡山シーガルズが一気にリードを広げ、終始岡山リードで試合が進んだ。しかし、トヨタ車体も荒木、ポリーナを軸に辻、村永を絡めることで終盤追い上げ、デュースに持ち込んだ。手に汗握るラリーの応酬となったが、最後はトヨタ車体が逆転し、岡山を振り切った。
 第3セットは、第2セット同様、序盤から岡山リードの展開となった。金田、佐々木の両エースが上手に相手を翻弄しながら大量得点を重ね、トヨタ車体を全く寄せつけずにこのセットを奪った。
 第4セットは、スタートからトヨタ車体が猛攻を仕掛け大量リードを奪った。小田のライトからの攻撃も効果的で、岡山にリズムを掴ませない展開へと持ち込んだ。また、このセットからコートに戻ってきた髙橋もバックアタック、ブロックにと活躍し、セットカウント3-1でトヨタ車体が勝利した。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 岡部 達昌