V・プレミアリーグ女子 2016/17 レギュラーラウンド

試合会場レポート

[試合番号]
369
[開催日]
2017/01/21
[会場]
一本松総合運動公園体育館 サン・アリーナ
[観客数]
1,228
[開始時間]
13:00
[終了時間]
14:18
[試合時間]
1:18
[主審]
北村 友香
[副審]
澤 達大

NECレッドロケッツ

監督: 山田 晃豊
コーチ: 大村 悟
通算ポイント: 37
通算: 13勝5敗
0

ポイント
0
23 第1セット
【0:26】
25 3

ポイント
3
15 第2セット
【0:22】
25
21 第3セット
【0:24】
25
第4セット
【】
第5セット
【】

【 】内はセット時間

JTマーヴェラス

監督: 吉原 知子
コーチ: 丹山 禎昭
通算ポイント: 33
通算: 11勝7敗

( )内は交代選手

監督コメント

 JTのオフェンスに対して対応出来なかった。また、こちらのオフェンスが単調になってしまい相手にブロックされる場面が多かった。まだまだたくさんの課題があるので、しっかり修正したいと思う。
 本日もたくさんの応援ありがとうございました。明日もよろしくお願いします。

23 近江
()
柳田
(篠原)
シッティラック
()
田中(美)
(安藤)
25
島村
()
大野
(廣瀬)
寺井
(高橋)
奥村
(位田)
山口
(ニコロバ)
古賀
()
中村
()
田中(瑞)
()
鳥越 (岩崎) リベロ 小幡
15 近江
()
柳田
(篠原)
シッティラック
()
田中(美)
()
25
島村
()
大野
()
寺井
(高橋)
奥村
(位田)
山口
(ニコロバ)
古賀
()
中村
()
田中(瑞)
()
鳥越 (岩崎) リベロ 小幡
21 近江
()
柳田
()
シッティラック
(井上)
田中(美)
()
25
大野
()
上野
()
寺井
(高橋)
奥村
()
山口
()
古賀
()
中村
()
田中(瑞)
()
鳥越 リベロ 小幡

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()

()
リベロ

監督コメント

 第1セットのスタート、ブロックとディグの関係が悪く、リードを許す展開になってしまったが、試合が進む中で修正しながら戦うことができた。また、中盤以降はサーブも効果的に打って、ディフェンスを機能させることができた。
 試合の入り方など、まだまだ課題が多くあるが、しっかり修正して明日の試合に臨みたい。
 本日もたくさんのご声援ありがとうございました。

要約レポート

 V・レギュラーラウンド終盤を迎え、首位を走るNECレッドロケッツと4位JTマーヴェラスの対戦。
 第1セット、序盤からNECは柳田のアタックなどで得点を重ね、古賀のアタック、サービスエースでリードする展開となる。終盤もNECが近江、古賀、柳田のアタックでリードするが、JTはシッティラックのサービスでレシーブを崩し、寺井のアタックで得点すると、田中(瑞)のアタックで逆転し、JTがセットを先取した。
 第2セットは開始からJTがシッティラックのアタック、連続サービスエースと、田中(瑞)のアタックでリードする。中盤以降も田中(瑞)のサービスエース、バックアタック、シッティラックのコースをつく巧みなアタックでリードする。NECも近江、柳田、大野のアタックで食い下がるが、最後はシッティラックのアタックが決まり、JTがセットを連取した。
 第3セット、NECが近江、柳田のアタック、JTがシッティラック、奥村、山口のアタックで終盤まで競り合う展開となったが、セカンドテクニカルタイムアウト以降JTが逆転すると、寺井のブロック、中村のアタックで得点を重ね、最後は田中(瑞)のアタックが決まり、JTが勝利を収めた。

  • ※本票の著作権は一般社団法人日本バレーボールリーグ機構に帰属します。

■作成者 宮坂 広